1. 【次なるビジネスの場は宇宙へ】宇宙ビジネスの立役者 イーロン・マスクは人類の未来を創る

【次なるビジネスの場は宇宙へ】宇宙ビジネスの立役者 イーロン・マスクは人類の未来を創る

  • 8237views
  • 0fav

by OnInnovation

 民間で宇宙事業をしている人物といえば、イーロン・マスクの名前を挙げる人が多いのではないだろうか。PayPalやテスラ・モーターズなど数々の事業を手がける彼だが、宇宙事業を担う「SpaceX」にはどのような思いがあるのだろうか。

SpaceXが行う「宇宙事業」とは何なのか

 SpaceXはロケットや宇宙船を開発し、宇宙輸送を事業とする企業である。その特徴は、それらのロケットが「再利用可能」になることを目指していることだ。SpaceXが開発しているのは、自ら打ち上げた場所に戻ってくるとともに、戻ってきてから数時間で再び打ち上げ可能となるロケットだ。

燃料のコストはロケットのコストのうちの0.3%ほどに過ぎません。
ロケットが本当に再利用可能になれば、宇宙飛行のコストは100倍も改善できるんです。

出典:【TED】イーロン・マスクが取り組む3つのイノベーション | アストロプレナー ...

 SpaceXはすでに、ロケット製造にかかるコストを1/10にしたと言われている。それを可能にしたのは、彼が持つ、技術に関する誰よりも深い知識かもしれない。

私達は様々な分野の技術を大きく前進させました。機体、エンジン、打ち上げの運用。
革新したことは山ほどあります。

出典:【TED】イーロン・マスクが取り組む3つのイノベーション | アストロプレナー ...

宇宙事業にかける思いとは

 最新の技術は常に進歩しているといえど、誰も挑んでいない宇宙事業に挑戦するのは大きなリスクがある。それでもなぜイーロン・マスクは宇宙事業に挑戦するのだろうか。そこには、彼が大学時代に抱いた思いがあった。

大学時代、イーロンは「人類の将来にとってもっとも大きな影響を与える問題は何か」と考え、「インターネット、持続可能エネルギー、宇宙開発の3つ」と考え、これらの事業を立ち上げています。

出典:宇宙ビジネス・電気自動車・太陽エネルギーに挑戦するイーロン・マスクの ...

 彼はこのような思いを持って、インターネットを駆使した「PayPal」、クリーンなエネルギーを用いた電気自動車の会社「テスラ・モーターズ」、太陽光発電を手がける「ソーラーシティ」を手がけたのである。そして、宇宙開発の目標を叶えようとするのが「SpaceX」。

人類にとって宇宙に進出する文明になることは極めて重要だと思っています。そのために素早く完全に再利用できるロケットが必要なんです。(中略)それはむしろ未来をワクワクする刺激的なものにするために、何が起きる必要があるか、という視点から来たものです。これは根本的な違いをもたらすと思っています。宇宙に進出する文明を持ち、星々を探検し、複数の惑星に広がる。凄くエキサイティングな人類の未来と、永遠に地球に閉じ込められたまま、絶滅をもたらす事態が起こるのを待つという違いです。

出典:【TED】イーロン・マスクが取り組む3つのイノベーション | アストロプレナー ...


 彼は、人類に必要な未来を描いた上で、必要な現在を導き出し、それを夢で終わらせることなく、実現するために奔走している。

イーロン・マスクのさらなる挑戦は続く

 彼の目指すものは、宇宙事業の低コストを実現することだけではない。その先に彼が思い描くのは「火星への移住」だ。

 火星への移住に向けて、インターネット環境の整備やコロニーの建設などを計画していると言われている。火星への移住は最低100万人を予定していると言われているが、100万人もの人やその人々が生活するための物資の輸送のコストや輸送回数など、様々な課題が彼の前に立ちはだかる。

 しかし、数々のイノベーションを起こしてきた彼になら、このような難題も乗り越えることが出来るのでは? と期待せずにはいられない。


 人類の未来へのアツい思いを持って幅広い事業に挑戦するイーロン・マスク。彼が描く未来は、日に日に現実のものとなりつつある。起業家が創る、明るい人類の未来に期待したい。


その他特集記事

なぜ今宇宙ビジネスが盛んなのか?

火星移住は可能となるか。

日本国内の宇宙ビジネス、その内容は?

宇宙生活のためのモノづくり。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する