1. 基本こそ一番大切。新入社員が押さえておきたい会話のマナー

基本こそ一番大切。新入社員が押さえておきたい会話のマナー

 

 社会人ともなれば、ビジネスシーンにおいて正しい日本語や敬語が使えるかどうかで仕事のスキルや能力を判断されかねません。話す相手の立場や仕事上の関係性の中で、会話のマナーをしっかり守って話す必要があるのです。コミュニケーションが重要視されるビジネスの世界では、どのようなことに気をつけて会話を進めていけばいいでしょうか。ここでは、最低限守りたい会話のマナーについて考えてみることにします。

まず押さえておきたい話し方の基本

 社会人となる上で、会話の基本を押さえておく必要があるでしょう。まずはっきりとした口調で話すことが大切です。回りくどい言い方や分かりにくい会話は敬遠されます。声が小さかったり、ぼそぼそとした話し方であったり、相手に話しをキチンとしないことは、相手が持つ印象が悪くなります。「大きな声でハキハキと」。これが話し方の基本です。

ビジネスシーンにおける敬語の使い方

 最近では敬語の使えない人が増えてきています。無理に使おうとして間違った敬語を使用してしまうことも、会話のマナーから外れてしまうことになります。特に多いのが、相手に対する尊敬の念を表すために使う尊敬語を自分の行為に対しても使ってしまうことです。敬語については、何度かおさらいし、正しい敬語を使えるようになっていることが理想です。

アイコンタクトなども重要

 会話は目の前に相手がいて行うため、言葉遣いだけでなく目線も大切です。アイコンタクトを欠かさずとり、相手に話している、相手の話しをきちんと聞いているという姿勢を見せることも重要だと言えるでしょう。


 会話の基本は、簡単なようでなかなかできるものではありません。しっかりと意識を持って失礼のないようなマナーを身につけようと考えている人にしか、正しい会話のマナーは身につかないでしょう。しっかりと学習して、会話を失礼無くできるように心掛けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する