1. 「自分らしさ」を出した内容で話す。入社式の自己紹介で話すべき内容

「自分らしさ」を出した内容で話す。入社式の自己紹介で話すべき内容

by phil_theone

 新しく社会人となった新入社員がまず最初に行う行事が入社式です。人数が少ない場合、入社式でも一人ずつ自己紹介を行う場合があります。そのような自己紹介のとき、そのような内容を話せばいいのでしょうか? ここでは、入社式の自己紹介で話すべき内容について紹介します。

自分の基本的な情報は必須

 まず、最初に自分のことを知ってもらうために、自分の名前や出身地といった情報は内容に盛り込んでおくべきだと言えるでしょう。最低限必要な内容は網羅し、自分がどういう人間なのかを明らかにするようにしましょう。

「自分らしさ」を表す内容を入れるとよい

 自己紹介はどのような人であるのかを表すものですが、なかなか名前だけでは自分が何者であるのかを示すことは難しいです。趣味や特技など、自分らしさが表せるような内容を自己紹介に含めることで、よりインパクトが強い自己紹介にすることができるのではないでしょうか。

現在の心境や抱負を述べ、自己紹介を締める

 自己紹介の終わりには、会社での抱負を述べ、自分がどのような仕事をしていきたいのかということを示して自己紹介を終わるようにしましょう。仕事でどのような働きをしたいのかということを明言しておくと、考え方や、コミュニケーションの仕方も変わってきます。自分の仕事のスタイルを持って仕事をしたいという方は、自己紹介に抱負などを含めると良いでしょう。



 入社式での自己紹介は緊張してしまうものですが、言うべき内容が押さえられていれば、基本的に問題ありません。しっかりと入社式での自己紹介を行って、社会人としてのスタートを踏み出しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する