1. 【ホワイトデー】まとめてお返しするのはOK?職場の女性にまとめてお返しするときの注意点

【ホワイトデー】まとめてお返しするのはOK?職場の女性にまとめてお返しするときの注意点

【ホワイトデー】まとめてお返しするのはOK?職場の女性にまとめてお返しするときの注意点 1番目の画像

 バレンタインデーに職場でチョコをもらい、ホワイトデーにお返しをする人も多いだろう。

 日頃の感謝の気持ちを表すバレンタインデーとホワイトデー。ホワイトデーのお返しでも感謝の気持ちを表したいものだ。

 本記事では、職場の女性からもらったバレンタインデーへのお返しをするときの疑問を解消していきたい。

 相手が喜ぶホワイトデーのお返しの仕方を学んでもらえれば幸いだ。

ホワイトデーに贈るバレンタインのお返し①:まとめて返すのはOK?

 まず、気になるのが「職場の女性一同」からまとめてバレンタインのチョコをもらったときのお返しの仕方。

 職場の文化にもよるが、大きめなチョコの詰め合わせなどを複数人の女性が折半してバレンタインデーに贈るケースも少なくない。

 その場合、部署全体の女性にまとめてバレンタインデーのお返しをしてもいいのだろうか?

【ホワイトデーに贈るバレンタインのお返し】職場の女性陣からまとめてチョコをもらったときはOK!

 大人数の女性が折半してバレンタインデーのチョコをプレゼントしてくれた場合、ホワイトデーはまとめて返してOKだ。

 しかし、2、3人などの数人からまとめてもらった場合は、個別に渡すことをおすすめしたい。その場合、一人あたり1,000円程度のお返しを用意するといいだろう。

 同じものを渡す場合でも包装を分けるなどの工夫を行うと、バレンタインデーにチョコを贈った女性たちも喜ぶはずだ。

 とはいえ、バレンタインデーもホワイトデーも強制的なイベントではない。相手に喜んでもらったり、日頃の感謝を伝えたりすることが大切なのだ。

ホワイトデーに贈るバレンタインのお返し②:お返しの金額はいくらくらい?

【ホワイトデーに贈るバレンタインのお返し】金額は貰ったより少し高いぐらいがベスト

 お返しにかける金額は、バレンタインデーにもらったものより少し高いぐらいがベストだ。

 スイーツ好きな女性などは贈り物のセンスに厳しい可能性がある。

 そのため、バレンタインデーのチョコよりもワンランク上のお返しを贈ったほうが確実に喜ばれるのだ。

 とはいえホワイトデーのお返しが高すぎると、相手が負担に感じてしまう恐れがある。

 バレンタインデーにもらったチョコより少し高いかな?と思うぐらいがホワイトデーのお返しの適正価格だ。

▼ホワイトデーのお返しの相場をチェック!お返しにおすすめのギフトも紹介

ホワイトデーに贈るバレンタインのお返し③:チョコをチョコで返してもOK?

【ホワイトデーに贈るバレンタインのお返し】お返しは「消費できるもの」であれば問題なし

 バレンタインデーにチョコをもらった場合、ホワイトデーのお返しはチョコでいいのか迷う人もいるだろう。

 バレンタインデーのお返しにチョコを選ぶのは、全く問題ない。ただし、チョコ嫌いの女性もいるので、その場合はラスクやパウンドケーキ、マドレーヌなどの焼き菓子がおすすめだ。

 男性に覚えてもらいたいことなのだが、バレンタインの義理チョコのお返しとして贈るホワイトデーのギフトには「消え物」、つまり形として残らないものが好ましい

 食べ物や、消費できるようなお返しを用意して、ホワイトデーに贈ろう。


 ここでは、バレンタインデーにまとめて贈り物を貰った場合のホワイトデーのお返しについて紹介してきた。

 ホワイトデーは感謝の気持ちを示す機会でもある。

 ぜひ本記事を参考に贈り物にも工夫をして、ホワイトデーに日頃の感謝の気持ちを伝えてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する