1. 新入社員の一言挨拶、最も大切なのは「大きな声でハキハキと」

新入社員の一言挨拶、最も大切なのは「大きな声でハキハキと」

by huskyte77

 春から新入社員となり、ビジネスマンとしての第一歩を踏み出す方も多いのではないでしょうか。新入社員は自己紹介も兼ねて一言挨拶をすることが多々あります。そのなかで、しっかりとした印象を持たれるためにはどのような挨拶の一言を言えばいいのでしょうか。ここでは、新入社員が挨拶の一言を求められたときに気をつけたいことを紹介します。

確実に言うべき内容

 新入社員が挨拶の一言で必ず言うべき内容は、名前と決まっている場合は所属する部署です。この2つは、会社の中で、自分を特定するために必要となる情報の中で、もっとも重要なことだと言えるでしょう。挨拶をするときは忘れずに伝えるようにしましょう。

一言で挨拶を言うときのポイント

 新入社員には、フレッシュさや元気が求められています。挨拶をするときも、ハッキリと元気よく大きな声でコミュニケーションを取るようにしましょう。緊張してしまうのは、仕方ないことです。しかし、大きな声と、ハキハキと話すことは意識した方が良いといえるのではないでしょうか。

意気込みを簡単に話す

 意気込みや自分のエピソードに触れることで、自己紹介をより良いものにする方法もあります。いずれも、自分なりの言葉で考えることが重要です。マナーや言い方にこだわってしまうと、どうしてもかしこまった感じになってしまいます。自分の思いを伝えることが新入社員の挨拶では最も重要なことではないでしょうか。自分なりの一言を考えてみるのもいいでしょう。



 ここでは、新入社員の一言挨拶のポイントを紹介しました。新入社員らしさを残しつつ、しっかりとした挨拶ができると完璧です。特に大きな声でハッキリと話すことを意識して、良い挨拶ができるよう心掛けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する