1. 今後、注力するのはタブレット分野? Microsoftがイスラエルの新興企業の買収に動き出す

今後、注力するのはタブレット分野? Microsoftがイスラエルの新興企業の買収に動き出す

by Skakerman

 最先端の技術が眠る国として、今もっとも注目を集めるイスラエルーー

 Amazonによる半導体メーカー「Annapurna Labs」の買収、Dropboxが文書編集ツールを開発する「Cloudon」を買収したのは記憶に新しいでしょう。

 もちろん、AppleやFacebookといったシリコンバレーの巨人も積極的に新興企業の買収に乗り出すなど、イスラエルに対する注目度は年々過熱感を帯びてきています。その流れに乗るかのごとく、今度はMicrosoftがデジタルペンメーカーの買収に向けて動き出しました。

デジタルペンメーカー「N-trig」を買収 

(Reuters) - Microsoft (MSFT.O) is buying N-trig, an Israeli provider of digital pens and chips for touch screens, for at least $200 million, the Calcalist financial news website said on Thursday.

出典:Microsoft buys Israeli digital pen maker N-trig: report | Reuters

 「Reuters」によると、Microsoftはイスラエルのデジタルペンメーカー「N-trig」を2億ドルで買収したとのこと。すでに「N-trig」の技術は、Microsoftが開発・販売しているタブレット端末「Surface」に活用されているそうです。

 また、Microsoftの決算報告書によると、2014年10月から12月までの「Surface」の売上が10億ドルを越えるなどAppleの「iPad」とは対照的に、今もなお成長を続けています。その成長に拍車をかけ、タブレット市場でのプレゼンスを高めるべく、今回の買収に踏み切ったと見られています。

タブレット部門で競合他社を牽制する狙いも

 今回の買収は「Surface」部門の拡大や「Surface Pro3」の改良、次期「Surface」の開発といった噂が表立っていますが、中にはデジタルペン技術を独占し、他社を牽制するといった噂も。

 かつて、Appleが指紋センサーを扱う「AuthenTec」を買収した際、同じ技術を採用していた「Windows PC」の指紋センサーが停止するという苦い経験を持つMicrosoft。そうした失敗から、Microsoftはデジタルペン技術を独占的に活用できるようにするため、「N-trig」の買収に動いたのかもしれません。


 次々と買収されるイスラエルの新興企業。それだけ魅力的な技術が、数多く開発されているとも言えます。今後、このイスラエルの最先端技術を巡り、買収の動きがますます活発になっていくかもしれませんね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する