1. 病気への適切な情報が知れる? 検索結果の精度を上げ、Googleが健康関連の百科事典を目指す

病気への適切な情報が知れる? 検索結果の精度を上げ、Googleが健康関連の百科事典を目指す

出典:www.advocate.com

 過去3年間で100以上の医師や科学者を雇用し、人工合成皮膚を開発するなどヘルスケア事業に注力しているGoogle。

 その研究機関である「Google X」では、詳細な生体データを収集し、健康維持や病気の早期発見を目的とした「Baseline Study」、糖尿病患者の血糖値を涙から測定する「スマート・コンタクトレンズ」などの健康情報に関するプロジェクトが実行されています。

 そして今回、さらにヘルスケア事業を強化するべく、Googleは検索結果の互換性向上を目標に動き出すようです。

Google、検索結果の互換性を向上

one in 20 Google searches are for health-related information. And you should find the health information you need more quickly and easily.

So starting in the next few days, when you ask Google about common health conditions, you’ll start getting relevant medical facts right up front from the Knowledge Graph.

出典:health info in the Knowledge Graph - Google Blog

 「Google Official Blog」によると、Googleプロダクトの検索の内、20件に1件は健康関連であるとのこと。具体的には、そうした背景から検索結果の互換性向上に着手したそう。健康関連の検索結果に「ナレッジグラフ」を表示することで、向上を図るようです。

 Googleはこの表示されるグラフをより正確にするために、複数の医療関連のウェブサイトや健康情報を集め、Google社内の医師や2014-2015年にベストオブホスピタルに輝いた「Mayo Clinic」の医師たちとも協力を図っていくとあります。

適切な情報をユーザーに届ける

 また、今回の検索結果の向上によって、ユーザーにより正確なヘルスケア関連の情報を届けたいそう。「The Journal of the American Osteopathic Association」の調査によると、Wikipediaの健康関連に関するページは90%が間違いとのこと。

 そうした状況を改善するためにも、Googleは検索結果の互換性向上に取り組んでいるのかもしれません。


 早期からヘルスケア事業に注力する、Google。今回の検索結果の強化からは、ユーザーにより有用で正確な情報を届けたいという使命感がひしひしと伝わってきますね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する