1. 大人に求められるのは、清潔感。ホワイトデニムの履きこなし3パターン

大人に求められるのは、清潔感。ホワイトデニムの履きこなし3パターン

  • 14159views
  • 1fav

出典:www.astonmartin-atlanticcars.co.jp

 白は、清潔さの代表色。その人のコーディネートに白が入っているだけで、清潔感たっぷりな人に見える。

 今回は、履くことに抵抗感を示す人が多いホワイトデニムの履き方について、3パターン紹介する。これさえ守っていれば、ホワイトデニムを履きこなすことが一気に楽になるはず。

エネルギッシュなレッドをホワイトで強調

 テーマカラーが赤というエネルギッシュな人には、ホワイトデニムと合わせることでその元気さをより一層強調してほしい。個性的なスニーカーと一緒に、自分を表現しよう。

 レッドのコートがなかなか着づらいのであれば、ニットやTシャツでも良い。やや丈が長めなものを選び、細身のデニムと着こなす。こなれた上級者コーデの完成だ。

スマートなブルーでより一層クールな印象に

出典:wear.jp

 青ニットと合わせるのは、ホワイトデニム初心者でも挑戦しやすい。あまり鮮やかな青だとキザすぎてしまうので、やや淡い色を選ぶのがよいだろう。

 ブルーのトップスに合わせてデニムの丈をロールアップし、ブラックの革靴で引き締めるのがこのスタイルの常識。首元にスカーフを巻くなどのアクセントも楽しもう。

ホワイトスニーカーとカーディガンでほどよい抜け感

 ホワイト×ホワイトは抵抗を感じるかもしれないが、意外と着こなしやすい組み合わせだ。ネイビーのアウターを着ることで、全体をきゅっと引き締めよう。

 ポイントは、足元のホワイトスニーカー。ホワイトデニムと合わせることによって、純白のスニーカーが最も上品に映える。キマりすぎかと思いきや、ほどよい抜け感を醸しだしてくれるのだ。


 一旦、自分のクローゼットを覗いて見てほしい。気づくと、パンツの色が黒や紺など、個性のないお決まりの色ばかりになっていないだろうか。新しいスタイルに挑戦したいという人は、ぜひホワイトデニムにチャレンジしてみてはいかがだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する