1. 「たくさんの異なる点を繋ぎ合わせてみる」ーー マーク・ザッカーバーグ氏のアイデア創出方法

「たくさんの異なる点を繋ぎ合わせてみる」ーー マーク・ザッカーバーグ氏のアイデア創出方法

by Jakob Steinschaden

 アイデアは突然降ってくるものではありません。たくさんの異なる点を繋げることで何かのアイデアが生まれるーー。

 学生向けサービスであった「Facebook」を、全世界12億人以上が利用する巨大SNSへと成長させた気鋭の起業家、マーク・ザッカーバーグ氏。先日、Facebookの決算報告が行われましたが、2014年通期の売上は124億ドルを記録するなど、今なお成長を続けています。

 一つのサービスとして成熟期を迎えたFacebookが好調を維持し続けられる要因は、今後流行るであろう動画コンテンツに力を入れたり、新興企業を買収することによって新事業に着手したりするなど、次々と新しいことにチャレンジしているからでしょう。

 そんなFacebookのCEOであるマーク・ザッカバーグ氏が語った、優れたアイデアを生み出すコツがアメリカ「Entrepreneur」に掲載されていたので、その一部をご紹介します。

「たくさんの異なる点を繋ぎ合わせること」

Ideas typically do not just come to you,” he said. “It’s a lot of dots that you connect to make it so that you finally realize that you can potentially do something.

出典:Mark Zuckerberg Calls the 'A-Ha!' Moment a Myth - Entrepreneur


 優れたアイデアは、スティーブ・ジョブズのような一人の天才の神秘的なひらめきから生まれるものと思ってしまいがちですが、そうではありません。画期的な個人の才能ではなく、異なるバックグラウンドを持った個人が集まった集団のアイデアを繋ぎ合わせることで、世界に革命を起こすようなアイデアが誕生する.....。

 つまり、ビジネスやテクノロジー、クリエイティブなアートであっても、一つのアイデアは一人の人から生まれるものではないと、マーク・ザッカバーグ氏は語っています。

友人と話し合うことで、優れたアイデアが誕生する

出典:inuevayork.com

 また、マーク・ザッカバーグ氏は友人(異なる点)と一緒にいることによって、アイデアが浮かばなくなったり、ビジネスで成功する可能性が低くなったりすることは無い、という言葉も残しています。

 世界最大のSNSとなった「Facebook」ですが、マーク・ザッカーバーグが一人で全てを完成させたわけではありません。ダスティン・モスコヴィッツやクリス・ヒューズといった仲間がいたからこそ、ここまでサービスを拡大させることができ、大きな成功を収めることができたのではないでしょうか?

 
 「アイデアは、たくさんの点を繋ぎ合わせること」だと語るマーク・ザッカーバーグ氏。Facebookが新サービスを次々と打ち出している背景には、たくさんの友人(異なる点)の考え方があるのかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する