1. “越えられない壁”をつくるなーー「キャリアトレック」プロデューサーに学ぶ、ずば抜けた“上昇志向”

“越えられない壁”をつくるなーー「キャリアトレック」プロデューサーに学ぶ、ずば抜けた“上昇志向”

 
 キャリアを築いていくためのステージを、あなたはどのように選んでいるだろうか。働く環境を決める上での基準の一つに、「優秀な人材がどれだけ集まっているか」というものがある。しかし、たとえそのコミュニティに属することができたとしても、優秀な仲間達の後をついて回るだけでは意味がない。彼らを越えてやろうという強い向上心がなければ、キャリアを変えても自己成長には繋がらないのだ。

 そう語るのは、株式会社ビズリーチが運営している転職サイト「キャリアトレック」のプロデューサー、篠原孝明さん。Appleでそのキャリアをスタートさせた篠原さんは、フリーランスを経てグリーに、そして現在ビズリーチで新たなキャリアを築いている。今回は、 常にさらなる成長環境を求めてチャレンジしている彼に、自身の働き方について振り返ってもらった。


――これまで、自分の理想とする働き方を追い求めるため、幾度となくキャリアチェンジをしてきた篠原さん。まず、最初に就職したAppleから、一度フリーランスという道を選択した経緯についてお聞かせください。

 元々、私が中学生の時に兄が起業したことから影響を受け、自分もIT業界でキャリアを築いていきたいという思いがありました。そのためには「プレゼン力」と「ITスキル」が必要と考えていた私は、大学に通うよりも現場でスキルを磨き、評価されることで成功体験を積んでいく道を選びました。その第一歩として、Appleでキャリアをスタートさせることを決めました。 

 しかし、Apple社で働いていた頃に父親が病気にかかり、余命3ヶ月と宣告されたんです。自分で会社を経営していた父親の背中を見て育った私は、病気の父親を見て「自分の力で働けている姿を見せたい」と強く思うようになりました。そこでAppleを退職し、フリーランスの活動を始めました。ただ、いざフリーになってみると「自分一人でできることには限界がある」と気がついたんです。


――では、現在ビズリーチで働くことを決めるまでは、どのようなキャリアを歩んできたのでしょう?

 フリーランスを経て改めてキャリアについて考えた時、エンジニアとしてのスキルを極めるのではなく、組織に入り優秀な人達と一緒にサービスを作っていくことが、世の中に自分が作ったものを提供できる最短コースだと考えたんです。ちょうどその頃、グリーが大阪にスタジオを立ち上げるタイミングだったので、参画しました。そこで、念願だった「自分でプロダクト・サービスをつくり、提供する」ことができるようになりました。

 電車に乗ったときにたまたま隣に座っていた人が、私が携わったゲームをしていたり、様々なメディアで取り上げられたり、全国のユーザーから「面白い」「ありがとう」というコメントをもらったりと、多くの人に喜んでもらっていることを体感し、感動しましたね。しかし私は次第に、自分達が作ったプラットフォームの中で「面白さ」の先にある、ライフイベントに影響を与えるものを生み出していきたいと考えるようになりました。

 そこで、また様々な会社を見ていった中でビズリーチに入社して、今まさに「転職」という人生の岐路に関わるサービスを生み出しています。


――それぞれのキャリアを選ばれる際、篠原さんの中で企業選びの“軸”としていたものはありましたか?

 今の自分よりもずば抜けて優秀な人達がいる環境に身を置くことが、最短距離での成長に繋がると思っています。ですので企業を選ぶ時も、その会社でどんな人が働いているのかなど、環境を重視していました。

 あとは、自分でサービスを生み出すことができる会社かどうか。アイデアだけで終わらず、サービス存続ができるプロダクトを一つ世に生み出すことが「成長」だと捉えていたので、それが可能な会社かどうかをチェックしていましたね。


――仕事の内容や働く環境に満足することなく、これまで仕事に対して常に高いモチベーションを維持し続けていられた秘訣は何ですか?

 自分よりも視座が高い人達のコミュニティには、自分からどんどん参加するようにしていました。その中には、今までの自分では想像もしなかったようなことをやっている同世代の人もいます。大事なのは、そういう人達に会った時に「この人のようにはなれないな」と、自分の成長意欲に“蓋”をしないこと。「その人が実現できているんだから、自分も頑張ればできないことはない」という思考を持つように心がけています。

 仕事でも、組織の中で先輩や上司と一緒に働く際、その人のことを”越えられない壁”だと思わないようにしています。例えば、その職場で自分よりも5年長くキャリアを築いた先輩がいるならば、1年間でその人の5年分を上回るぐらいのペースで情報を吸収していけばいい。そんな心構えで仕事に向かえば、一年後にはその先輩と近いレベルの視座を持って働くことができるはずです。

 例えばOJTで先輩の営業に同行した時も、先輩の良いトークはもちろんのこと、「少しでも吸収したい」という思いで、話している内容に対する相手の表情などもよく観察していましたね。もし相手が少しでも疑問を感じているようなら、それをクリアすることが自分のレベルアップに繋がりますから。たとえ一緒に働く人が役員だったとしても、「あの人には敵わない」と自分の伸びしろに制限をかけるのではなく、「いつかその人を越えられるんだ」という意識を常に持つようにしています。(続く)




篠原孝明(しのはら・たかあき)さん プロフィール

株式会社ビズリーチ キャリアトレック事業部 プロデューサー
2008年、Apple Inc.に入社し、その後フリーランスのWebデザイナーとして活動。2012年、グリー株式会社に入社し、大阪スタジオの立ち上げに参画。プロダクトマネージャーを務める。2014年、株式会社ビズリーチに入社し、20代向けのレコメンド型転職サイト「careertrek(キャリアトレック)」のプロデューサーを務める。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する