1. なるべく平等に渡すことが重要。大人数にバレンタインのチョコを配るときの留意点

なるべく平等に渡すことが重要。大人数にバレンタインのチョコを配るときの留意点

by stahrdust3

 2月の行事といえば、バレンタインデーです。会社でのバレンタインデーは、普段なかなか言いにくい感謝の気持ちなどを伝えるコミュニケーションの機会の場とされています。しかし、渡す人が大人数となると、様々なことに気を使わなければなりません。ここでは、会社のバレンタインデーのとき、大人数にチョコを渡すときの注意点を紹介します。

予算は抑えめでOK

 大人数になるとどうしても気になるのが予算ではないでしょうか。大人数にチョコを渡す場合、一人あたりの予算は100円ほどでいいでしょう。高い商品を渡すと、お返しの際に負担に感じる人が少なくないそうです。気持ちが伝わればよいのですから、高額な商品は避けたほうが、自分のためだけでなく、相手のためにもなるということを覚えておきましょう。

品物・個数は均等にする

 品物や個数はもちろん均等にしなければなりません。「この人にあげて、この人にはあげない」というような区別は、トラブルの元になります。品物の値段やクラスによって人の区別をすることは控え、特別お世話になった人に対してはメッセージを別個に付けるなどをして工夫をするようにしましょう。

直接渡すのが難しい場合は、休憩室などに置くのもアリ

 仕事中ともなれば、なかなか直接渡すのは難しいですし、1かけのチョコを渡すのに時間を使うのは避けたいものですよね。そうした場合は、休憩室などに置き、その旨を伝える形でもいいでしょう。メッセージを付け、バレンタインデーのチョコだということを明記しておけば、大人数で分け合うことができますよ。



 ここでは、会社のバレンタインデーに大人数にチョコを配布するときの留意点を紹介しました。なるべく平等になるような工夫をしつつ、感謝をしっかりと表せることが重要です。配慮をして、コミュニケーションの場として有効活用しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する