1. コミュニケーションが上手くできないのは余計なプレッシャーや緊張が原因。人見知りを克服する方法

コミュニケーションが上手くできないのは余計なプレッシャーや緊張が原因。人見知りを克服する方法

by ai3310X

 コミュニケーションを取るとき、なかなか初対面の人とはうまく話せず、人見知りを自負している人は多いのではないでしょうか? 人見知りでいると、なかなかうまくコミュニケーションが取れず苦労してしまうことも多いでしょう。ここでは、人見知りを克服するための方法を紹介します。

話すことで抵抗感をなくしていく

 人見知りの人の多くは、話すことへの恐怖感が気持ちを支配しています。「怖い人だったらどうしよう」「もし嫌われたらどうしよう」という不安な気持ちを持って話かけない方が、むしろ印象を悪くしてしまうものです。人見知りを克服するためには、まずは、店員や人と会話する機会を多く持ち、抵抗感をなくしていくことが重要でしょう。

上手く話そうとしない

 人見知りの人ほど、人前で上手く話そうとする傾向があります。上手く話すために考えている間に、話すタイミングを失ってしまうのです。「自分は人見知りだ」ということを認め、上手く話そうとせず、自分の思ったことを相手に伝えることを優先すべきではないでしょうか。

聞くことになるべく専念する

 「話上手は聞き上手」という言葉がありますが、話を聞いてもらうだけでも、人はうまくコミュニケーションを取ることが出来たと思うものです。まずは、聞くことを意識し、相手の会話を広げる意識をもって会話に取り組んでみると、上手くコミュニケーションを取ることができるかもしれません。



 ここでは人見知りを克服する方法を紹介しました。人見知りの人は、初対面の人と話すときに、緊張しすぎてしまったり、ムダな力が入っているものです。リラックスし、自然体で相手とコミュニケーションが取れるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する