1. 基本こそ一番の対策! インフルエンザを予防するためにすべきこと

基本こそ一番の対策! インフルエンザを予防するためにすべきこと

by fotologic

 冬はウイルスが繁殖しやすく、インフルエンザなどの病気にかかってしまうことも少なくない季節だと言われています。特にインフルエンザは、高熱が出てしまい、1週間程度の休みが必要になる病気のため、なるべく予防したいものです。ここでは、インフルエンザの予防となる対策について紹介していきます。

うがい・手洗い・マスクの着用は基本

 インフルエンザの予防となる対策として、まず基本となるのが、うがいと手洗い、そしてマスクの着用です。この3つの基本をするだけでも、多くの菌の侵入を未然に防ぐことができます。また、こまめかつ、しっかりとうがいと手洗いをすることで、効果はより増します。しっかりと基本を押さえてインフルエンザを予防しましょう。

ワクチンを打って予防する

 インフルエンザにはワクチンがあり、打つことで感染を予防することができます。ただ、インフルエンザのワクチンには効く型があり、効かない場合もあるということを押さえておく必要があるでしょう。今年流行しているインフルエンザの型を事前にチェックし、合っているものを打つことが重要です。

加湿をする

 冬にインフルエンザが流行することの原因として、ウイルスが繁殖しやすくなること、そして喉などがウイルスを防ぐ機能が低下してしまうという原因があるそうです。湿度をなるべく高く保つことが重要になります。適正な湿度としては、40%以上を保ち続けることが必要だそうなので、加湿器や濡れタオルを用いて湿度が低下しないように配慮しましょう。



 ここでは、インフルエンザの予防となる対策を紹介しました。基本ではありますが、これらのことに配慮していると、格段にインフルエンザに感染する可能性は低くなります。健康面に配慮し、インフルエンザにかかりにくい環境を作り出しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する