1. 感謝の気持ちを伝えることが第一! 出産で退職することになったときの挨拶・スピーチの仕方

感謝の気持ちを伝えることが第一! 出産で退職することになったときの挨拶・スピーチの仕方

感謝の気持ちを伝えることが第一! 出産で退職することになったときの挨拶・スピーチの仕方 1番目の画像
by miriampastor

 退職の理由は色々ありますが、中には、寿退社や出産のため退職することになったという場合もあると思います。そのようなとき、退職の挨拶のスピーチではどのようなことを話せばいいのでしょうか? ここでは、出産のため、退職することになったときの挨拶のスピーチの話し方を紹介します。

出産のことについて触れるのはなるべく避ける

 出産が決まり、幸せムードいっぱいの挨拶をするのは、一見良いように見えますが、思わぬ反感を買う可能性があります。例えば、仕事を教えてくれた上司などは、突然の退職に悲しんでいる場合もあるということを忘れないようにしましょう。挨拶では出産のことについて触れるのはそれほど重要でないということを意識してください。

仕事を辞めることが残念であるということを話す

 どの退職の挨拶やスピーチでも同じですが、やはり基本は仕事のことについて触れ、退職することが残念であることを表明するスピーチが好ましいと言えます。その中で、仕事でお世話になった上司や同僚などのエピソードを交えて感謝の意を示すことが挨拶としてはふさわしい形だと言えるでしょう。

将来について触れるのも◯

 出産後の仕事について触れるのも挨拶としてはOKです。出産後、仕事に復帰する意志があるのか、それとも育児に専念するためにそのまま主婦になるのかは人それぞれですが、新しいチャレンジをする旨は、仕事の経験を生かすことに繋がり、聞いている人も快く送り出す要因の1つになるでしょう。


 ここでは、出産で退職をすることになったときの挨拶・スピーチの仕方について紹介しました。辞める側も送り出す側も気持ちよく別れることができる挨拶のスピーチが理想だと言えます。感謝の気持ちが伝わるようなスピーチができるように準備しておきましょう。


寿退社・出産後も仕事したい!女性のキャリアの悩みを解決するなら「RUN-WAY」

感謝の気持ちを伝えることが第一! 出産で退職することになったときの挨拶・スピーチの仕方 2番目の画像

 「自分のキャリアのために、何からすればいいのかわからない」「専門的なスキルがないので、うまく仕事が見つかるか不安」「できることなら仕事したくない」「仕事と私生活を両立させて働きたい」

 キャリアについて複雑な悩みを抱える女性におすすめの総合求人サイトが「RUN-WAY」だ。

 RUN-WAYは、若年層女性のはじめてのキャリア形成を支援するサービスで、用意されている求人のすべてが「未経験歓迎」である点が魅力の一つ。

 また、年齢や性格や、気になる育休・産休、服装などの制度で求人を検索することもできるため、より自分に合った仕事を探すことができる。

 はじめての就職・転職で仕事選びに悩む女性は、まずは無料でコンシェルジュに相談してみるのを勧める。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する