1. 日本の心を残す雅やかな「和」と「洋」の調和。男性にもきっと喜ばれる、バレンタイン和菓子4選

日本の心を残す雅やかな「和」と「洋」の調和。男性にもきっと喜ばれる、バレンタイン和菓子4選

出典:higashiya-shop.com

 季節はもうすぐバレンタインデー。毎年この時期になると定番のものを贈るか、ちょっと変わり種のものを贈るか頭を悩ます女性も多いはず。そんな人は今年、「和」のバレンタインにしてみてはいかがだろうか?

 バレンタインデーと和菓子というと縁遠いイメージがあるかもしれないが、最近では老舗和菓子屋も手がけていることもあり、「和」のバレンタインはジワジワ人気を集めている。ここでは、男性にもきっと喜ばれるバレンタイン和菓子を紹介。

HIGASHIYA「ココアの落雁とチョコレート豆の詰め合わせ」

出典:higashiya-shop.com

 従来の型にとらわれず、現代に贈る新しい和菓子を生み出し続ける「HIGASHIYA」。
そんなHIGASHIYAからは、ころんとした見た目も可愛らしい「ココアの落雁とチョコレート豆の詰め合わせ」が登場。

 HIGASHIYAのロゴをかたどった落雁は、軽やかで口に含むと溶けてなくなり、カカオの奥深い香りとコクが広がる。落花生本来の甘みとチョコレートの品の良いほろ苦さの美味しさを楽しんでほしい。

蕪村菴「チョコあられ 花こいと」

出典:www.buson-an.co.jp

 「蕪村庵」は京都・六角堂前に本店を構えるお煎餅・おかきの専門店。蕪村庵の冬の風物詩「チョコあられ 花こいと」は、恋する女性の想いや願いを込めた俳句をイメージして考案されたそう。

 醤油味の柿の種を包むチョコレートは、「ミルク」「ホワイト」「つぶつぶいちご」の3種類。甘辛い柿の種と口どけの良いチョコレートの組み合わせはやみつきになる味わいだ。

銀座鈴屋「渋皮栗しょこらセレクション」

出典:www.takashimaya.co.jp

 1951年に創業し、60年以上もの長い歴史を持つ甘納豆専門店「銀座鈴屋」。栗本来の甘味を引き出した人気商品「渋皮付き栗甘納豆」をマイルドなチョコレートでコーティングした「渋皮栗しょこらセレクション」は、バレンタイン限定の商品。

 ビター、ホワイト、ミルク、抹茶の味があり、どれもが栗の甘み邪魔しない上品な味わい。和菓子好きにも洋菓子好きにもおすすめできる逸品となっている。

星果庵「チョコレートの金平糖詰合せ」

出典:www.takashimaya.co.jp

 職員が丹精込めて一粒一粒作るという金平糖の専門店ブランド「星果庵」が手がけるバレンタイン和菓子は、3種のチョコレートをコーティングしたこだわりの金平糖。

 さらっと上品な甘さが広がる砂糖蜜を包むチョコレートは、ほどよい甘み。その見た目のかわいさもさることながら、金平糖を入れるパッケージもそれぞれの味をモチーフとしたおしゃれなデザインとなっている。


 洋菓子のチョコレートと和菓子の組み合わせが新しいバレンタイン和菓子。ありそうでなかった味わいは、きっと印象に残る逸品となるだろう。ぜひ今年のバレンタインデーは、「和」のバレンタインにしてみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する