1. 寝ている時間が多いあなたも睡眠不足かもしれない。疲労を最大限回復する「眠り方」

寝ている時間が多いあなたも睡眠不足かもしれない。疲労を最大限回復する「眠り方」

by marco monetti

 疲労が溜まってしまうと思ったとき、まず疑いたいのが睡眠不足です。睡眠不足の状態では、脳は100%の力を出すことは難しいでしょう。しっかりと睡眠を取って、良い仕事ができるように頑張りましょう。ここでは、睡眠不足のときの疲労回復方法を紹介します。

あなたも睡眠不足かもしれない

 疲労が回復しないという人で、「しっかりと寝ているはず」と思っている人はいませんか? 実は、睡眠不足とは、単に寝る時間が少ないから起きるわけではありません。睡眠の質や、睡眠の前後の行動によっても睡眠不足は引き起こされてしまうのです。ですから、疲労が回復しないと思ったときには、睡眠を一から見なおしてみると改善する可能性が高いと言えるでしょう。

睡眠の質を高めることが最重要

 睡眠時間が足りているのに疲労が回復しない、または、単純に睡眠時間が足りないという場合どちらでも、睡眠の質を高めることが一番大切なことになります。睡眠の質を高めるためには、寝る前には、なるべくリラックスした状態になり、睡眠を妨害されないようにすることが重要です。睡眠前の時間でスマホやパソコンをいじっていたり、読書の時間に使っている場合は、それを止め、また、アイマスクを使って光が目に入らないようにするだけでも睡眠の質は格段に良くなるでしょう。

週末に一気に睡眠不足を解消する

 睡眠時間が足りない場合、週末に睡眠不足を解消するようにしましょう。「寝溜め」をすることはできないそうですが、睡眠不足をリセットすることは可能なようです。そのためには、週末の睡眠時間をいつもより4時間前後多くし、目覚ましをセットしないで眠りに入るようにすると良いでしょう。



 睡眠不足は脳にダメージを与え、疲労が回復しない状態を作り出します。しっかりと対策をして、スッキリとした状態で仕事ができるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する