1. Uberが自動運転タクシーの研究所をピッツバーグに建設中。無人運転の世界はそこまで来ている?

Uberが自動運転タクシーの研究所をピッツバーグに建設中。無人運転の世界はそこまで来ている?

by kennymatic

 Googleの自動運転カーが公道で走行テストを開始するなど、少しずつ現実味を帯びてきた「車の自動運転」。そういった状況の中、世界中で人気を博している配車サービス「Uber」が研究所を建設し、自動運転タクシーの開発に乗り出しているようです。

自動運転タクシーの研究所をピッツバーグに建設

by Moyan_Brenn

 「Uber」の公式ブログによると、Uberはロボット工学の研究で知られるカーネギーメロン大学(CMU)と提携してピッツバーグに研究所を設立し、自動運転タクシーの研究・開発を進めていくとのこと。

 現在、早期実現に向けて開発を進めているそうで、今後数年以内に自動運転タクシーが街中を走行しているかもしれません。これが実現すれば、世界各地で起きているドライバーのトラブルも無くなることでしょう。

Googleと競争関係に?

出典:plus.google.com

 その一方で、「自動運転カーの実用化を目指しているGoogleと全面衝突するのでは?」といった声も挙がっています。Googleの最大の投資先でもある「Uber」。今後、どのような関係性になっていいくのか。そして、戦いは起こるのでしょうか?

 GoogeとUberの今後の関係性などは定かではありませんが、今回の研究所設立の動きが無人運転の世界の実現に向け、プラスの動きであることは間違いないはず。また、私たちの生活に大きな変革を与えるでしょう。今後の動きにも注目ですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する