1. 飲み会の幹事を任されたときに気をつけたい3つのこと

飲み会の幹事を任されたときに気をつけたい3つのこと

by ume-y

 新年会や忘年会だけでなく飲み会は様々なシーズンに開催されるものですが、幹事として気をつけるべきことは毎回ある程度同じようなものです。幹事を任される人は、しっかりと「飲み会の心得」を学び、飲み会を楽しいものにしましょう。ここでは、飲み会の幹事が気をつけるべきことを紹介します。

1. 必ず全員に声をかける

 会社の飲み会は、コミュニケーションの場でもあります。普段話さない人と進行を深めることで、より仕事の場でも円滑に連携が取れるような関係を結ぶことが重要なのです。そのため、飲み会を開催する場合は、必ず全員に声をかけるように心がけましょう。

2. メニューの多い居酒屋を開催場所に選ぶ

 会社の飲み会では、メンバーが多いため、好き嫌い等にも柔軟に対応できる場所で、かつそれほど気が張らないような場所が好ましいです。そのため、メニューが多い居酒屋などを開催場所にすると、全員が好きなものを選ぶことができ、食べ物などでのトラブルを防ぐことができます。

3. 予算などは事前に連絡しておくこと

 予算など、会の詳細に関しては、なるべく事前に連絡するようにしておきましょう。直前の連絡になってしまうと、どうしても用意できないなどのトラブルが置きてしまいがちです。また、会場の地図なども早い段階で手配することで、直前で煩わしい思いをすることなく会を進行させることができます。


 飲み会の幹事をする時は、なるべく早めに段取り良く準備をすることが重要です。しっかりと準備をして、会社のメンバー全員が楽しめる飲み会を作り上げるように努力しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する