1. 先輩社員がイライラしてしまう原因は「仕事で当たり前のこと」ができないから

先輩社員がイライラしてしまう原因は「仕事で当たり前のこと」ができないから

by Owen Zammit

 仕事をしていて、なるべく避けたいのが先輩社員との関係を壊すような行動です。コミュニケーションでもそうですが、日頃の仕事の態度や行いが先輩をイライラさせてしまっている場合があると心得ましょう。ここでは、先輩社員をイライラさせてしまいがちな行動を紹介します。

マナーを守らない

 社会人として最低限守るべき行動はマナーとなっております。日頃の言葉使いや、電話の出方などは、社会人として出来て当然のことであると先輩社員は考えているのです。時間を守るなどの基本的な動作もマナーの一部と言えるでしょう。しっかりとマナーを守った行動をすることで、品位ある社会人らしい行動をすることができるでしょう。

言い訳が多く成果が伴わない行動をする

 先輩社員が部下に対してイライラしてしまう行動は、口答えや言い訳が多く、そして実際には仕事が進んでいないなどの成果が伴わないような場合です。仕事が上手くいかないことはある程度仕方ない場合もありますが、言い訳をするのは言語道断です。自分がなぜ失敗してしまったのかを考え、次の行動に生かすようにしましょう。

コミュニケーションが取れないので仕事が不透明

 コミュニケーションが取れず、そのため何をしているのかがわからず、うまく指示を出すことが出来ない場合も先輩社員のイライラの原因になり得ます。報連相をしっかりと行い、仕事の進捗に合わせてしっかりと連携を取ることが重要になります。



 仕事をしていて最低限のことが出来ないということが、先輩社員をイライラさせてしまう要因になります。しっかりと社会人としてのマナーや必要最低限のことは身につけ、先輩社員ともコミュニケーションが円滑に取れるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する