1. 考えすぎる性格を直したいのであれば、考える時間をなるべく短くしよう

考えすぎる性格を直したいのであれば、考える時間をなるべく短くしよう

by jonrawlinson

 それほど考えても仕方ない問題に対して考えすぎてしまう性格を直したいという方も多いのではないでしょうか。考えすぎは時間を浪費してしまい、それ自体が、考えている内容を失敗に追い込んでしまう原因になりかねません。ここでは、考えすぎてしまう性格を直したい人に向けて対処法を紹介します。

考え事をする制限時間を設ける

 考えている時間に他の思考を停止してしまうことは非常にもったいないことです。考える時間に制限を設けることで、考える時間を短くしてみてはいかがでしょうか。人間の脳は、他のことをしている間にも様々な思考をしています。「考えるだけ」の時間を短くして、なるべく考えながらも他のことが出来る体制を整えましょう。

極端な「かも」や「もしも」の考えを捨てる

 考えすぎる性格を直したいとお考えの人には「もしも…だったら」とか「…かも」などと頭の中で考えてしまう人が多いのではないでしょうか。極端な仮定は、ほとんど起きることはありません。可能性の低いことに関しては、考えないことによって無視するようにすることを心掛けましょう。

詰まったらすぐに人に相談する

 考えが詰まってしまうと、思考停止に人は陥ります。そのような状態では、なかなか現状を打破することは難しいです。人に相談することで思考に新たな視点を手に入れ、発想の転換を計る必要も出てくるのではないでしょうか。



 考えすぎてしまう場合、なかなかいい結果を出すことは難しいです。なるべく堂々巡りになってしまう思考のサイクルを止め、他の仕事に取り掛かれるような気概を持って仕事に取り組みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する