1. 仕事に向いていないから転職しようと思ったとき考えるべき3つのこと

仕事に向いていないから転職しようと思ったとき考えるべき3つのこと

by Hammerin Man

 仕事をしてみたら、思っていた仕事ではなかったという場合、業種を変えるために転職をすることもあるでしょう。そのような転職の場合、どのようなことを考えて転職活動を始めればよいのでしょうか? ここでは、仕事に向いていないと感じたときの転職活動において考えたいことを紹介します。

1. 問題となるのは何かを考える

 仕事に向いていないと漠然と考えるのではなく、そこにはどのような理由があるのかを考える事が大切です。そうでなければ、別業種に転職した際に、また同じような気持ちに陥る場合もあるでしょう。どうして自分はその仕事に向いていないと感じるのか、その気持ちをはっきり明確にすることが重要です。

2. 転職によって何を求めるのかを明らかにする

 なぜ向いていないと感じてしまったのかを考えることができたら、何を次の仕事に求めるのかを考える必要が出てきます。何が不足していたのか、そして失敗の原因はどうしたら良くなるのかを考え、次の転職先に求めることを明らかにしておきましょう。

3. 次は何の仕事をするのかを決めておく

 ただ単に「今の仕事から逃げたいから」では、転職も上手くいきません。次はどのような職種の仕事をするのか、そしてなぜ、次の仕事は向いているといえるのかを意識し、自分の中で理由が言える状態にしなければなりません。



 今の仕事に向いていないと感じても、すぐに逃げて転職してしまっては、また同じ失敗をしてしまいます。失敗を繰り返さないためにも、自分の中である程度の準備が必要だということが言えるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する