1. 【会計士Xの裏帳簿】ビールって何? 酒税問題から論点を探る

【会計士Xの裏帳簿】ビールって何? 酒税問題から論点を探る


 税理士が実務であまりお目にかからず、馴染みがない税目に酒税がある。確かに、酒税について調べる必要にかられる機会はあまりない。しかし、このところ酒税、特にビールに関する気になるニュースがいくつかあり、話題に上るようになってきた。

発泡酒、第3のビール税率統一化の動き

 取り上げたいのは、まずビールと発泡酒、そして「第3のビール」に関する税制改正の議論。

 ビールは醸造酒の中で、飛び抜けて高い税率に設定されている。ビールは定義上、麦芽とホップ等のみで醸造したものである。税率は1キロリットル当たり22万円で、350ミリリットル缶で77円程度となっている。麦芽比率が25~50%未満だと「発泡酒」の一つとなり、税率は1キロリットル当たり17万8,125円(350ミリリットル缶約47円)、原料の麦芽が50%以上ならビールと同じ税率となる。

 そして、第3のビールは、主原料に麦芽を使わないものは「その他の発泡性酒類」、従来の発泡酒に麦焼酎などを加えたものは「リキュール」と分類され、それぞれ1キロリットル当たりの税率は8万円、12万円となっている。

 この複雑な税制について、政府は、ビールの税率を下げ、第3のビールの税額を引き上げ、発泡酒と第3のビールの段階的な統一を視野に改正を行う方針を示唆している。

海外からもビール税制に疑問の声

 ビールの税制問題ではもう一つ、経済連携協定(EPA)交渉で、日本の酒税法が「非関税障壁」であるとの指摘がなされたと報道された。問題となったのは「ベルギービール」だ。

 ベルギービールの一部は、風味付けに香辛料やハーブなどを使っている。日本の酒税法上、これは「発泡酒」として扱われる。しかし、50%以上の麦芽比率のため、税率はビールと同じである。

 日本のビールと同じ税率なら、金額上の参入障壁にはならないが、ここで指摘されているのは、ビールとして作り、ビールと同じ税を納めているのに「発泡酒」と呼ばれてしまう表示上の問題だ。確かに割を食っているようにも感じられ、ビール大国のベルギーとしては黙っていられないのも理解できる。

 これらの問題からは、「そもそもビールとはなんなのか」という定義、「麦芽の量によりなぜ特別の税が課せられるのか」という税制の根拠を、租税論、そして酒文化の面から議論する必要性を感じる。

「ビール以外すべて増税」の可能性も?

 ビールの高い税率については、明治時代に酒税制度ができた時に、ビールが「ぜいたく品」であったことが影響しているものと考えられる。しかし、今やビールは大衆的な飲み物。税率を下げ、ほかの酒に近づけていく必要があるだろう。

 しかし、なぜ発泡酒や第3のビールの税率を上げるのか、という話は別の問題として考える必要がありそうだ。これは「減税分をどこかで増税する」という財政上の要請とみてよいだろう。

 第3のビールの分類である「その他の発泡性酒類」の酒税は「果実酒」と同率、「リキュール」は「清酒」と同率。発泡酒等の税率が低すぎると感じられるのは、あくまでビールと比べているからだ。発泡酒等の税率が上がれば、他種目の税率との整合性はどうすれば良いのだろうか。結局「ビール以外すべて増税」となることも考えられないこともない。


 お酒の席は、古今東西、常に議論の場であった。酒税についてますます注目が集まることが予想される今、皆さんもこの問題について自らの考えを持ち、議論してみてはいかがだろうか?


<この記事はカイケイ・ネットが提供しています>

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する