1. 「『決める』ことは他の選択肢を捨てることではない」ーー ホリエモンならではの進路の決め方とは?

「『決める』ことは他の選択肢を捨てることではない」ーー ホリエモンならではの進路の決め方とは?


 ホリエモンこと堀江貴文が、自身のメルマガに寄せられた質問に答えるYouTube番組「ホリエモンチャンネル」。「堀江貴文のQ&A vol.436〜進路の決め方!?〜」の放送では、珍しくホリエモンが進路の決め方について言及した。

 今回取り上げたのは、「現在、大学3年生でベンチャーの役員をやっているのですが、本当は自分のITサービスを作りたい­と思っています。しかし、現状は特に­こんなサービスをつくりたいみたいなプランもないので、就活も考えているという状況です。就活するとしたら新規事業に携われる企­業に行き、今後起業する上での知識をつけたいと思っています。­このまま事業を続けるか、一旦就職し、仕切り直して数年後に起業­するか悩んでいるのでアドバイスをいただきたいです」という質問。

やりたいと思ったことは全部やればいい


 この質問にホリエモンは、「就活はバカバカしいのでやらないけどね。普通にフリーターをやるのもいいし、コンサルを続けてたらやりたい事業に巡り合うかもしれない。まぁ、ゆるく仕事ができる会社を複数掛け持つのもいいだろうし」と回答。

 「就職する」といったように何か一つのことを選択するのではなく、やりたいと思ったことは全部やればいい、というのがホリエモンの考えであり、「A子とも付き合う、B子とも付き合う、C子とも付き合う、それでいいじゃん」と語った。

「決める」ことは他の選択肢を捨てることではない


 一方、ゲストとして登場した、イラスト制作とキャラクター開発を手がけるスイスイ株式会社の松岡宏行氏は、「色んな可能性を残しておきたいから、何か決めることができないっていうのはよく分かる」という考えを口にする。

 「決める」ということは他の選択肢を捨てることにもなるため、なかなか一歩踏み出すことができず、迷ったままの状態の人が多いという。

 この松岡氏の考えにホリエモンは、「『決める』ことは他の選択肢を捨てることではない」と真っ向から反論し、「選択肢を捨てず、全部やればいい」と語った。

 動画が見たい方は下記「堀江貴文のQ&A vol.436〜進路の決め方!?〜」からどうぞ!


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する