1. キーボードにもセキュリティ!? 押したボタンの圧力でユーザーを認証する驚きのシステムが開発中

キーボードにもセキュリティ!? 押したボタンの圧力でユーザーを認証する驚きのシステムが開発中


 普段の仕事や生活に欠かせないPCのキーボード。しかし、重要な情報の入ったPCにも同じようについており、パスワードさえ知っていれば誰でも操作できてしまうため、データを盗まれるという事件も起こっています。

 そんな中、キーボード自身がセキュリティの問題を解決する、画期的なシステムが海外で開発されました。

押したボタンの圧力を電力に変換してユーザーを認証する


 このシステムを搭載したキーボードの名は、「The intelligent keyboard(IKB)」。見た目は従来のキーボードとほとんど変わりませんが、内部とキーの表面に特殊な素材を使用しているため、キーを押すことでその力や時間に比例して電力を生み出します。


 この仕組みによって生み出された電力は、ごく微小な数値まで波形に変換されるため使用者毎に違いが生まれるとのこと。この違いを利用して、ユーザーの波形パターンによる認証を可能にするというシステムが「IKB」なのです。


 まだ、研究段階で実用化には程遠いですが、今後、個人が専用のキーボードを持つ時代がやってくるかもしれません。このシステムを応用すれば様々な物の認証にも使えそうですし、これからの開発に期待したいところですね。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する