1. 両立したいのなら、「信頼残高」を意識すること――好きなこと、仕事のために諦めなきゃダメ?【後編】

両立したいのなら、「信頼残高」を意識すること――好きなこと、仕事のために諦めなきゃダメ?【後編】

  
  仕事に加えてもう一つ何かに全力で打ち込むためには、他のものを犠牲にする覚悟が必要――。そう語るのは、エンジニアとして仕事に取り組みながら、2014年12月まで「謎解きアイドル『パズルガールズ』」というアイドルグループで活動していた堤沙也さん。

 「周囲の多くの人の支えがあったからこそ、仕事とアイドルを両立できた」と語る堤さんは現在、アイドルを卒業しwebエンジニアの仕事に専念している。”仕事も好きなことも全力で”という働き方を1年以上実践してきた彼女に、当時を振り返ってもらった。




――これまで仕事と両立しながら続けていたアイドル活動を卒業したのはなぜですか?

 私が卒業する数か月前から、アイドル活動がかなり本格的になっていて、外部からの出演オファーなども頂くようになりました。私が加入した当時は会社員と両立をしている先輩メンバーもいたのですが、組織というのは変化するもの。もはや両立が不可能なレベルにまで近づいてきていました。また、同じ時期に無茶な生活で身体にも限界が来て、体調を崩してしまったという理由もあります。

 そこで一度立ち止まって、客観的に自分を振り返ったんです。1年以上のアイドル活動のために、私には手放してきたものもたくさんあった。これからは今まで以上に、エンジニアという職業にコミットしていきたいと考えるようになりました。だからこのタイミングで、アイドルの卒業を決意しました。


――現在はアイドルを卒業され、エンジニアの仕事に専念している堤さん。二つの仕事にコミットする働き方を終えた今、この働き方について思うことはありますか?

 何か二つの物事を得たいのなら、どこかで人に頼らなければいけなくなる。環境に恵まれていて、周囲の人と信頼関係が築けていることが必要だと思います。つまり、その人の「信頼残高」によるところが大きいでしょうね。

 両立の働き方を実践する前に、まず「周りの人に対してどれだけの信頼残高があるのか」を意識する必要があります。もちろん、働き始めてからも信頼を失わざるを得ない状況はたくさん起こるので、その中でいかに双方に信頼を“預金”し続けていくかを常に意識しないと、本当に大切な何かを失うかもしれません。

 私も、信頼を失ったなあと思うことはたくさんありましたし、「健康」という最重要事項を顧みることもできていませんでした。この働き方にはリスクもあるし、嫌な思いをしたり傷つかないように働いたりすることは、ほぼ不可能に近いでしょう。ですが、それを覚悟してでもやりたいことがあるのなら、チャレンジした方がいいと思います。私はこの働き方に対して、「やらなければよかった」と思ったことは一度もありません。


――現在は一つの仕事に専念できる環境にありますが、アイドルとの両立をしていたことで、現在の働き方に何か変化はありましたか?

 時間の使い方が上手くなりましたね。アイドルと両立していた時期は、どうやっても時間が足りませんでした。「マルチタスク」を行うことはいいのですが、当時の私は「マルチフォーカス」してしまっていたんですね。どちらかの仕事にフォーカスを当てられていたら、二つのことをやっていてもタイムマネジメントできるはず。でもそれができていなかったから、かなり無理な時間の使い方をしていましたね。

 その経験があるから、一つのことに専念できるようになった今では、時間のありがたみがわかる。使い方にも、以前より気を配るようになりましたね。無駄な時間を省き、本当に必要なことにフォーカスして時間を使うようになりました。


――最後に、一つの仕事に専念できる環境になった今、堤さんが今後仕事に取り組む際の目標があれば教えてください。

 アイドルと両立していた時は、どんなに頑張ったつもりでも両方に100%コミットすることはできなかった。だから、二つのことをしていて失った分の時間や成果を、これから真摯に取り戻していきたいという思いはあります。時間の大切さがわかった今、まずは「的確なところに効率よく力を注ぐ」時間の使い方を目指し、最大の成果を挙げていきたいですね。

堤沙也(つつみ・さや)さん プロフィール

1990年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。都内のwebサービス全般を扱う企業で、webエンジニアとしてサービスの設計や開発に従事。主に扱う言語は、Ruby,Python,PHP。エンジニアとして働く傍ら、2014年12月まで「リアル脱出ゲーム」を制作・運営する株式会社SCRAPプロデュースの「謎解きアイドル『パズルガールズ』」のメンバーとして、イベントの運営出演、ライブ活動などを行っていた。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する