1. 雪の日の出勤、事前に準備を入念に行い仕事に備えよう

雪の日の出勤、事前に準備を入念に行い仕事に備えよう

by Christopher A. Dominic

 雪が降っているときでも、仕事に行かなければならないときがあります。交通機関の乱れや、路面状況などを良く見て行動しましょう。ここでは、雪でも仕事がある場合に気をつけるべきことを紹介します。

雪用の靴を履いて出勤する

 雪で最も危険なのは、滑ってケガをしてしまうことです。雪はとても滑りやすいため、革靴などのビジネスシューズでは危険です。雪に備えた靴を用意し、出勤に備えることが重要でしょう。最近では、防水かつ雪でも滑りにくい革靴もあります。用意を事前にしておき、雪のときに使える状態にしておきましょう。

透明のビニール袋を用意する

 雪の場合、手荷物が濡れてしまう危険性もあります。資料やパソコンなど、水に弱いものは濡れないような工夫が必要でしょう。ビニール袋を用意し、水から守ることで、雪でも荷物を安全に運ぶように心がけるといいでしょう。

早めに家を出る

 雪の影響で公共交通機関がマヒしてしまうことは良く有ります。遅延はある程度仕方のないことですが、早めに家を出る準備をしておくことも重要になります。雪の予報が出ているときは情報収集を欠かさず行い、判断が素早くできるようにしておきましょう。



 雪が降っている日でも仕事はあります。様々な対策をすることで、雪に負けずに出社し、仕事ができる体制を整えることが重要だと言えるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する