1. 会社のバレンタインデーは「感謝の言葉」とともに義理チョコを

会社のバレンタインデーは「感謝の言葉」とともに義理チョコを

by ginnerobot

 バレンタインは会社の中でも重要な意味を持つイベントの1つです。義理チョコをワアし、より円滑なコミュニケーションが図れるようにすることも重要なことと言えるでしょう。ここでは、会社のバレンタインデーで義理チョコを渡す際に気をつけたいことを紹介します。

人によって渡すものを変えることはしない

 人によって渡すものを変えてしまうと、トラブルの原因になる場合もあります。人によって渡すものを変えるのは避け、なるべく同じものを全員の人に向けてあげるようにすることがバレンタインの義理チョコでは重要になります。

女子社員同士での事前のやり取りを忘れない

 女性の間で渡すものの金額や物の違いによってトラブルになる場合があります。事前に相談を重ね、なるべく同じランクの義理チョコを用意するようにしましょう。また、女子全員から、という形で、集金し、義理チョコを用意するという手段もあります。相談し、なるべく良い形でバレンタインを迎えられるようにしましょう。

「日頃の感謝」を添えて渡す

 義理チョコは、日頃お世話になっている人に渡すものとされています。メッセージなど、日頃の感謝がわかるものと同時に渡すとよいでしょう。いつも感謝の言葉はなかなか言いにくいものですが、義理チョコに添えることによって、言いやすい環境を作ることができるのではないでしょうか。


 バレンタインデーには、日頃伝えられない感謝の気持ちとともに義理チョコを渡すと、コミュニケーションが円滑になるかもしれませんね。そのためにもきちんと平等になる配慮をして、義理チョコを渡すようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する