1. 定番だからこそ知っておこう。すぐ真似できる「チェックシャツ」着こなし術

定番だからこそ知っておこう。すぐ真似できる「チェックシャツ」着こなし術

出典:brownsclothes.wordpress.com

 誰もが1枚は持っているシャツ。シーンを選ばず、オールシーズンで使えるために、重宝されるアイテムだ。

 しかし、無地のシャツばかりだとどうしてもマンネリ化してしまうもの。ときにはチェックシャツを用いてコーディネートに変化をつけたいところだが、チェックシャツは無地のものに比べて着こなしのレベルが高いと感じるだろう。

 デザインに惹かれた1枚を持っているものの、上手く着こなせないという悩みには、いくつかコツを効かせてみよう。

①パンツは無地が鉄則

出典:stayclassicblog.com

 柄×柄は着こなしが難しい上、どんなに上手く着こなせたとしても落ち着きがない印象になりがち。鉄則はやはり無地のパンツを合わせるコーディネート。ダークトーンのパンツは派手なチェック柄にも合わせやすく無難だが、夏になれば明るい色を持ってきても爽やかでいい。

②全身で3色以内にまとめる

 チェックシャツの着こなしが難しいのは、全身で見たときに、なんとなくまとまりが無いというのが理由の一つだろう。そんなときに心がけてほしいのが、コーデに使っている色をトータルで3色以内にすること。

 シャツがカラフルならば、ベルトや靴のような小物は同じ色でまとめよう。使う色が少ないほど、落ち着いた着こなしになるのも抑えておくべきポイントの一つ。

③インナーは白でどんなシャツも攻略

出典:zozo.jp

 気温が低くなってくると、シャツを羽織としても使いたくなる。そうなると、パンツのみならずインナーとの合わせ方も考えなくてはならない。どんなチェックシャツとも合わせられるのは、シンプルな白のインナーに限る。

 ①で紹介した着こなしをふまえて、白のトップスと無地のパンツを用意し、そこに好みのチェックシャツを重ねればいいと覚えておいてほしい。


 コーディネートが分からないからといって、着こなしが簡単な無地のアイテムばかりに頼っていてはもったいない。チェックシャツを味方につければ、自然とコーディネートの幅が広がるだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する