1. 本場の味をこの一皿に。「モンサラット ブランチ クラブ」で味わいたいハワイ風プレートランチ4選

本場の味をこの一皿に。「モンサラット ブランチ クラブ」で味わいたいハワイ風プレートランチ4選

出典:monsarrat.jp

 ハワイのオアフ島に2009年にオープンし、瞬く間に地元の人気店となった和食ベースのプレートランチ店「パイオニアサルーン」がついに日本上陸。昨年10月、原宿にオープンした「モンサラット ブランチ クラブ」では、パイオニアサルーンがハワイで提供するプレートランチが味わえる。

 フタ付きのボックスにご飯、メイン、サブのおかずが入ったプレートランチはいろんなものを食べる楽しみが味わえるだけでなく、テイクアウトにもぴったり。ここでは、モンサラット ブランチ クラブで楽しみたいプレートランチを紹介。

ポキの香味ダレ和え(¥1,000)

出典:www.facebook.com

 ポキという、日本ではあまり聞きなれない素材の正体はマグロ。マグロと野菜やナッツをごま油やしょう油などの香味ダレで和えた、ハワイではメジャーなB級グルメ「アヒポキ」を日本人の口にアレンジしたのがこちら。

 甘辛い香味ダレがマグロとよく絡み、臭みもなく食欲をかきたてる。野菜もたっぷり食べられる、女性にも嬉しいヘルシーメニューになっている。

ビーフステーキ(¥1,250)

出典:www.facebook.com

 ボリューム感のあるビーフステーキは、なんともアメリカらしいメニュー。日本のステーキとは異なり肉々しいステーキだが、身は柔らかい。肉の旨みを感じるためにもまずは塩コショウのみでいただきたいところ。

 添えられているのは本場ハワイの万能調味料、チャモロソース。ピリ辛で酸味のある味わいがステーキの味をガラッと変え、一度で二度楽しめる。

ロコモコ(¥1,000)

出典:www.facebook.com

 今やハワイを代表するローカルグルメとなったロコモコ。こんがりと焼き上げられたビーフ100%のハンバーグに使われるのは、肉汁の濃厚な旨みとコクを閉じ込めた自家製のグレービーソース。

 通常のロコモコでは目玉焼きのところ、こちらでは温泉卵が添えられる。とろとろの温泉卵はハンバーグによく絡み、マイルドさをプラスする。

牛タンの煮込み(¥1,200)

出典:www.facebook.com

 肉厚の牛タンの煮込みは、1日10食の限定メニュー。じっくりと煮こまれた牛タンは柔らかく、ソースと一緒に口の中でとろける。

 コクまろなデミグラスソースは、ご飯との相性も良し。残ったソースはご飯にかけて、最後までお楽しみいただきたい。



 ご飯は白米の他にも無料で雑穀米が選べるため、健康志向な方にもおすすめ。おしゃれなだけでなくしっかりとボリュームもあり、男性でも満足のいくランチプレートとなるだろう。ぜひモンサラット ブランチ クラブで、おいしいランチを楽しんでほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する