1. バッグを休日コーディネートの中心に。ビビットカラーバッグのおすすめブランド3選

バッグを休日コーディネートの中心に。ビビットカラーバッグのおすすめブランド3選

  • 6330views
  • 0fav

出典:www.tokyolife.co.jp

 仕事バッグと休日バッグ、両者を使い分けている人はどれだけいるだろうか。仕事中心の生活になってしまうのは仕方のないことだが、身だしなみまで仕事色に染まってしまうのは、非常にもったいない。

 つい黒っぽいカラーを選びがちなバッグ。そのバッグを、ビビッドカラーに変えてみてはいかがだろう。ビビットカラーのバッグを休日コーディネートの中心に持ってくるだけで、きっと休日が明るくなるに違いない。仕事だって、いつもと違う気分でできるはずだ。そんなビビッドカラーのバッグを買うなら、このブランドがおすすめ!

ここぞという時は、鮮やかなレッドのペッレモルビダで勝負

出典:aucview.aucfan.com

 休日でも、気合を入れたい時はあるだろう。例えば、恋人とのデートとか。そんな時は、鮮やかな赤を選ぶに限る。中でも、Pelle Morbida(ペッレモルビダ)のバッグは格別だ。

 移り変わる流行よりも、普遍的な美しいスタイルを求めるペッレモルビダは、よりシンプルかつ上質なバッグにこだわっている。赤というと、バッグには派手すぎて敬遠されがちだが、上品な革と色がよく馴染んでいるので、決して主張しすぎない。持つ人を選ばない、誰にとっても良く似合うバッグである。

スマートに魅せたいなら、ヴァレクストラのホワイトで

出典:news.hankyu-dept.jp

 これほど気品漂うバッグは見たことがないというほど、うっとり見惚れてしまうのは
、イタリアのエルメスとも呼ばれるValextra(ヴァレクストラ)以外にない。中でも、スマートさの象徴とも言えるまっさらなホワイトは、この上なく美しい。

 白いバッグのよいところは、コーディネートを選ばないところだ。明るめの服や暗めの服、柄物であっても、ちょうどよいバランスを保ちつつコーディネートを引き締めてくれる。写真のように、カラフルな小物をアクセントにしてもよいだろう。アレンジの幅は無限大だ。

クラッチバッグは、鮮やかブルーのサン・ローラン

出典:item.rakuten.co.jp

 荷物の少ない休日だからこそ持つことが許されるであろう、クラッチバッグ。そんなクラッチバッグに、鮮やかブルーのSaint Laurent(サン・ローラン)はいかがだろうか。サン・ローランというとレディースのイメージが強いが、このブルーは男性を強く感じる色であり、上品な男をうまく演出してくれる。

 手元にこのブルーがあるだけで、いつもより背筋を伸ばして格好良く歩きたくなるかもしれない。そんなちょっとした変化をもたらしてくれるのが、このバッグのいいところだ。指先まで意識がいくと、より丁寧できれいな休日が過ごせそうな気がしてくる。


 いかがだろう。ビビットカラーをバッグに取り入れるだけで、今までの休日がガラリと変わることを実感して欲しい。休日が変われば、平日の仕事にもきっと良い変化をもたらすことだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する