1. 缶の中には驚きと旨みが詰まってる。缶詰バー「mr.kanso」で食べられる変わり種缶詰4選

缶の中には驚きと旨みが詰まってる。缶詰バー「mr.kanso」で食べられる変わり種缶詰4選

出典:www.cleanbrothers.net
 仕事を終え、家でしっぽりと気ままに晩酌。お酒のつまみにはフタを開けるだけで楽しめる、個性豊かな缶詰という人も多いはず。最近では本格的な味を活かし、ひと手間加えた缶詰アレンジレシピも人気だ。

 そんな缶詰だが、今では定番の焼き鳥やオイルサーディンだけでなく、アッと驚くようなメニューまで登場していることをご存知だろうか。都内を中心にジワジワと人気を広げる缶詰バー「mr.kanso」では、300種類もの缶詰を取り扱う。ここでは「mr.kanso」で味わえる珍しい缶詰を紹介。

鰹と昆布の合わせダシの香り豊かな本格派「だし巻きたまご」

出典:cbshop.jp

 何重にも重ねて焼き上げられた、本格派だし巻きたまごの缶詰。国産卵を使用しただし巻きはふっくらとした食感と、卵本来の風味が特徴。

 味を大きく左右するダシの味付けは、京都の老舗料理屋「吉田喜」とコラボ。鰹と昆布を合わせた香り豊かな京風ダシがギュッと詰まっただし巻きは、食べると口いっぱいに旨みが広がる。

こだわりソースが絡んで旨い「たこ焼き」

出典:cbshop.jp

 大阪のソウルフード、たこ焼きも缶詰で楽しめる。あんかけ風のソースはたこ焼きによく絡み、あっさりとした味付けのためちょうどいい。同封の青のり、鰹節をかけるとより一層、本格的な味わいに。

 そのままでもおいしいたこ焼きをさらに楽しむには、タコせんべいで挟むのがおすすめ。せんべいの芳ばしさと甘辛いソースが合わさったタコせんは、小腹が空いたときにちょうどいいボリュームだ。

オリーブオイルの風味と、マテ茶鶏の旨み「マテ茶鶏オリーブオイル漬」

出典:www.amazon.co.jp

 飼料の一部にマテ茶を配合したマテ茶鶏を使った「マテ茶鶏のオリーブオイルづけ」。マテ茶鶏のプリっとした食感、オリーブオイルに漬け込んだガーリックと塩の旨みはクセになるおいしさ。

 残ったオイルには旨みがたっぷり。お好みでバケットにつけたり、パスタに絡めたりすると最後まで楽しめる。

ブラジルを代表する黒豆料理「フェジョアーダ」

出典:store.shopping.yahoo.co.jp

 mr.kansoでは国内だけでなく、海外の缶詰も充実。フェジョアーダは、ブラジルを代表する黒豆料理。黒豆と牛肉などの肉類、野菜を煮込んで香辛料で味付けするフェジョアーダは、ブラジルではポピュラーな家庭料理。

 めったにお目にかからない海外料理を気軽に食べられるのも缶詰の魅力。世界各国の本場の味をぜひ味わってみたい人は試してみる価値アリ。



 お酒のおつまみとして手軽に食べられるだけでなく、珍しい味にも出会える缶詰。定番から変わり種まで、mr.kansoにはまだまだあなたの知らない缶詰があるはず。ぜひお気に入りの缶詰を探してほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する