1. オールシーズン活躍の優秀アイテム! 胸元のアイコンが目を惹く、モード感漂うスウェットシャツ

オールシーズン活躍の優秀アイテム! 胸元のアイコンが目を惹く、モード感漂うスウェットシャツ

  • 7232views
  • 0fav

出典: Amazon.co.jp
 スウェットは、一年中いつでも着回せることができる優秀アイテムだ。1枚でさらっと着るのも良し、中にシャツを着て合わせるも良し。その時の気候や気分によって、何通りもの着方ができる。

 多くの着方ができるスウェットの中でも、ここではモード風に着こなすことのできるスウェットをブランド別に紹介する。2015年は、胸元に大きなアイコンがプリントされたものがトレンドとなりそうな予感。

N゜21(ヌメロヴェントゥーノ)

出典: Amazon.co.jp

 N゜21(ヌメロヴェントゥーノ)は2010年にできたイタリアのレディスブランドで、2014-2015年のA/Wからメンズラインをスタートした。

 このスウェットの特徴は、今シーズンからメンズに取り入れた厚みのあるボンディング生地と、性別を問わないユニセックスなデザイン。最高の着心地とインパクトのある大きな胸元のロゴで、着ている人を満足させてくれる1着だ。

MARC BY MARC JACOBS(マークバイマークジェイコブス)

出典:sota-japan.com

 多くの人が知っているであろうMARC BY MARC JACOBS。MARC JACOBSのカジュアルラインとして、2001年から始まったブランドだ。

 胸元にはリフレクタープリントされた、ブランドの頭文字が大きく目立つ。ややビンテージ感が漂うこのスウェットは、大きめのサイズでゆったり着こなすのに適している。薄手の生地なので、オールシーズン着こなせるのも魅力の一つ。

KENZO(ケンゾー)

出典: Amazon.co.jp

 KENZOというブランド名は、創始者である高田賢三氏の名前からきている。ブランド立ち上げの時期から、既存概念を打ち壊した新しいファッションをつくる姿勢を貫き、70年代のファッション業界を代表するブランドへと成長した。

 そんなKENZOの代表的なアイテムが、大きいトラがプリントされたスウェット。プレミア価格がつくものもあるくらい、世界中で人気の一着だ。MA-1のインナーに合わると、洗練されたモード×ストリートスタイルが完成する。

MAISON KITSUNE(メゾンキツネ)

出典:b.laso.jp

 KITSUNEは元々、音楽レーベルやアートなどファッションだけに留まらず、あらゆる分野で活動するアーティスト集団。現在もクラブイベントなどを主催するなど、多方面で耳にするブランドの1つだ。キツネの服は、高品質かつシンプル。それゆえ、人々から多くの支持を得ている。

 このブラックコットンスウェットも同様。キツネが大きくプリントされているにも関わらず、違和感なくシンプルに馴染んでいる。浅めのクルーネックで隙を作らず、フォーマルなスウェットと言っても良いだろう。


 スウェットは、その手軽さゆえにハマるとつい何着も集めたくなる。しかし、オールシーズン着られると思えば、それだけバリエーションが欲しくなるのは仕方ない。人と差をつけるために、ビックプリントのスウェットを何着か揃えてみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する