1. チョコレートにもサードウェーブの波が来る? カカオ豆の美味しさを味わう「Bean to Bar」

チョコレートにもサードウェーブの波が来る? カカオ豆の美味しさを味わう「Bean to Bar」

出典:and-sweets.com

 生産国でのコーヒー豆栽培や淹れ方に至るまで、一杯ずつこだわった「サードウェーブコーヒー」は、2014年のトレンドキーワードのひとつ。このサードウェーブの波がチョコレートにも来るかもしれない。

 最近トレンドになっているのが、カカオ豆の選定から完成に至るまで、全行程を作り手が担う「Bean to Bar」という手法で作られたチョコレート。通常は製菓用チョコレートを取り寄せて作られるところを、ブランド毎で独自にカカオの選定から焙煎まで手がけているため、センスやこだわりが光るチョコレートとなる。

 カカオ豆の種類やブレンド、焙煎具合によってまったく味が異なり、様々な味の違いを楽しめるのもポイント。ここでは、都内にも続々登場しているBean to Barを紹介しよう。

国内では珍しいBean to Bar専門店が手がける「ショコル」

出典:and-sweets.com

 等々力にある「ショコル」は、国内では珍しいBean to Bar専門店。カカオ豆の選定・焙煎はもちろん、石臼でゆっくりと丁寧に仕上げるこだわりようだ。

 口に入れた瞬間に感じる、カカオ本来のほろ苦さと芳醇な香り。あえて砂糖を溶かさないことで楽しめるジャリジャリとした食感は、今までのチョコレートとは違う感覚を味わえる。

8種類のフレーバーを楽しめるリトアニア発ブランド「Chocolate NAIVE」

出典:www.facebook.com

 リトアニアの小さな町・ギェダライチャイ発のBean to Barブランド「Chocolate NAIVE」の魅力は、リトアニアの食材を生かした8種類のフレーバー。

 キャラメルやベリーのような甘い味わいのものから、少し大人のビターな味わいのものまで幅広いラインナップが楽しめる。ノートのようなデザインとパステルカラーの色合いの可愛らしいパッケージは、ちょっとした手土産にもぴったりだ。

作り立てのチョコレートをドリンクで味わう「VANILLABEANS」

 「VANILLABEANS」では、店舗内の工房で製造された作りたてのチョコレートドリンクが味わえる。最もシンプルなバニラビーンズ ショコラッテは、やさしい甘さとカカオのほろ苦さが合わさった濃厚な一杯。

 定番のバニラビーンズ ショコラッテを含め3種類あり、普段食べるチョコレートとは一味違うおいしさがある。きっとあなたも、一度味わうとやみつきになること間違いない。



 カカオ豆の選定からチョコレートに至るまで一貫したこだわりの「Bean to Bar」は、サードウェーブコーヒーに続くトレンドとして来る予感。ぜひあなたも、より深いおいしさのある「Bean to Bar」を味わってほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する