1. 毎日飲む「水」で内側からキレイに。正しく飲んで効果的なお手軽「水美容」

毎日飲む「水」で内側からキレイに。正しく飲んで効果的なお手軽「水美容」


 人の体の60%は水でできているというのは、有名な話ですよね。栄養素を体内に運んだり、老廃物を排出したりする役割を果たす水は、まさに生命の源。

 最近では、美容のために意識して水を摂ることを習慣にしている人が増えています。カロリーゼロ、しかも簡単に手に入る飲料水を飲むだけで、美肌・ダイエット・デトックス・便秘改善などの効果が得られるために人気に火がついた美容法ですが、ただ水を飲めばいいわけではありません。

 それでは、どんな水をどのように飲めば効果的なのでしょう。

適量を適切な時間に。


 人は何もしないでも、1日に2.5L程の水分を排出しています。その分の水分を補うためには、食物中に含まれる水分以外に、飲料水で1.5〜2L飲むことが必要だといわれています。

 かといって、2Lの水を一度に飲むのは難しいですし、飲んだとしてもすぐ排出されてしまうので効果が薄れてしまうもの。効果的なのは、コップ1杯200mLの水を起床時・朝食時・9〜10時頃……と、2時間おき程度にこまめに飲む方法。無理せず生活リズムに合わせて飲むことが重要です。

 就寝前や汗をかいた時には、その分少し多めに水分を摂ることを心がけましょう。

美容効果が高い水は……?

 水を飲むタイミングと同じくらい重要なのが、どんな水を飲むか。

 美容に効果があるのはミネラルウォーターですが、みなさんがご存知のように、水には硬水や軟水、アルカリ水といった種類があります。その中でも、美容効果を望むなら硬水がおすすめ。硬水にはミネラルやカルシウムのような美容にいい成分が含まれています。ただ、硬水は飲みにくいと感じることもあるので、最初のうちは硬度が低い硬水から飲み始めるといいかもしれません。

飲み過ぎによる「水毒」

 いくら美容にいいからといって、盲目的に水を飲み続けるのは御法度。水の飲みすぎで「水毒」を引き起こす恐れがあります。「水毒」とは、体から水分が排出されないために起こされる諸症状のこと。軽いむくみやめまいから、深刻な病気を引き起こすこともあるので、水分過多にはくれぐれもご注意を。飲めないと感じたら、無理には飲まないようにしましょう。


 普段なにげなく飲んでいる水が美容効果を持っているなら、うまく摂って役立てたいものですよね。正しく飲むことで思いもしなかった効果が期待できるのかもしれないので、「きれい」のために水を飲んでみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する

この記事の関連キーワード