1. 働く女性のリアルな着こなし。毎日楽しく過ごすためにはオン・オフ何着てどう過ごす?

働く女性のリアルな着こなし。毎日楽しく過ごすためにはオン・オフ何着てどう過ごす?

出典:zozo.jp

 あなたはどんな毎日を過ごしているでしょうか。「仕事だって頑張りたいし、休日だって有意義に過ごしたい」というのは、働く女性の理想です。ファッションは、そんな毎日に華を添える要素のひとつ。

 ここでは、働く「ONの日」と仕事以外に時間をかける「OFFの日」の、等身大の着こなしをご紹介。

ONの日ファッション

 働くだけといっても、適当な服ばかりは着ていけません。バリバリ働く女性たちは、どんなことに気をつけ、どんなアイテムを選んでいるのでしょう。

出典:www.nissen.co.jp

 カジュアルな服装が許される職場でも、身だしなみや清潔感は意識したいもの。派手な色や柄で悪目立ちしないよう、デザイン性が高いものよりシンプルで動きやすい服を選ぶ方が多いよう。

出典:www.jadore-jun.jp

 トップスに色物をもってくると、仕事のモチベーションがあがるとの声も。顔周りに明るい色をおくと顔色が明るく見えるということもあり、トップスにはペールトーンのような色を選ぶとベター。

OFFの日ファッション

 オフィスでの服装に比べて、自由にファッションを楽しめる休日。

時間ができたらとにかくショッピング!

出典:stylest.net
 
 休日の過ごし方の定番は、言わずもがなショッピング。「趣味は買い物!」なんて方も多いのでは? 

 買い物コーデでは、とにかく歩きやすく身軽なことが重要。足元はぺたんこ靴がマストです。本気でショッピングしたいときは、パーカーのような着脱しやすい服を着ていくなんて案も。

手を抜けない女子会ファッション

出典:5-fifth.com

 「おしゃれに1番気合いを入れるシーンは?」との問いに、今や「デート」をおさえて「女子会」と答える声が多いのをご存知ですか? 確かに、女性同士で集まるときこそ、お互いのファッションチェックが厳しいのかもしれません。ドレスコードが決まっていることがあるほど、ファッションに気を遣わなければいけないのが最近の女子会なのです。

 かといって、大人の女子会で、あまりにも張り切りすぎた格好をするのはNG。服の色はブラックやブルー、ネイビーのような暗めカラーがシックで適度に華やか。スカートならば、膝丈にして上品さ出すテクニックがあります。

アクティブな休日を過ごす女性が続出中

出典:zozo.jp

 働く女性の約40%が、週に1度はスポーツをしているといいます。気軽に始められるランニングやウォーキングから、本格的なゴルフやテニス、登山まで、様々な活動を楽しんでいるそう。

 各スポーツブランドが、そんなアクティブな女性に向けたスポーツウェアを展開中。パフォーマンス向上のために機能性にフォーカスすることはもちろん、思わず着たくなるポップなデザインも忘れないウェアが、じわじわと人気を集めています。おしゃれウェアの登場で、女性がスポーツを始めるハードルが低くなったといえるかもしれませんね。


 毎日の過ごし方は人それぞれですが、今よりもちょっと楽しい日々だったら……、と思うのは共通なはず。自分以外の働く女性が、どんな服を着てどんなことをしているのか知ることが、あなたの刺激になりませんか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する