1. 意外と見落としがちな部分に実はカギがある。プレゼンの資料作成のコツ

意外と見落としがちな部分に実はカギがある。プレゼンの資料作成のコツ

by flazingo_photos

 プレゼンの資料を作るとき、資料も合わせて作成を行い、プレゼンの理解の手助けにすることがあります。資料を上手く使うことで、より相手に伝わりやすいプレゼンをすることができるでしょう。ここでは、プレゼンの資料作成のコツを紹介します。

視線の往復を意識することが重要

 プレゼンをするとき、資料を見るタイミングを作り、より詳しく理解してもらうことは重要ですが、資料とプレゼンのスライドの視線の往復はなるべく少ないほうが、聞いている人の負担を減らすことにも繋がります。プレゼンの構成と資料の構成は同時に考えるようにして、なるべく視線の往復を減らす努力をしておくと、良し資料が作成できるでしょう。

見やすいような工夫をする

 レイアウトや構成に凝り始めると時間も大幅にかかってしまいますし、見る方は逆に理解しにくいという場合があります。資料を作成するときは、一定のルールがあり、例えば、視線の動きは通常資料が横書きなので、左から右にするなどの見やすい工夫を施すといいでしょう。また、ページ数を振っておくことで質問等も円滑に進めることができます。

図や表は極力資料に含めない

 プレゼン中に、細かなデータは案外本質とそれやすいものです。確かに、その数字が性格であるのかは重要なことではありますが、それよりも、どのような伸び率であるのかといったことを視覚的に表現することが重要な場合がプレゼン中には多いです。そのため、細かなデータが入っている図や表よりも、もっと相手の感情に訴えかける資料を作成することがコツです。



 ここでは、プレゼンの資料作成のコツを紹介しました。発表者はなかなか気付かないものですが、見ている人にとって資料が思わぬ「邪魔者」になってしまう場合があります。資料を作るときは、一度見る人の立場に立って様々なことを考えるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する