1. リーダーシップと統率力の違いとは? 「統率力」の意味を改めて考える

リーダーシップと統率力の違いとは? 「統率力」の意味を改めて考える

by thephotographymuse

 近年、ビジネスマンに求められているのが統率力です。周りの人間を上手く取りまとめ、的確な指示によってうまく動かすことができる人材は、多くのビジネスマンにとって憧れの的であると思います。ここでは、統率力の意味について紹介します。

統率力とはどういうものか?

 統率力とはどのような意味なのでしょうか? 統率力は、大きく分けて2つの行動のスキルを指します。まず1つ目が、人の行動を統制して、チームを1つにまとめる力。2つ目は、まとめたチームを率いて、チーム全体の目標を達成するために行動する力。この2つのスキルを持っている人が統率力がある人であると言われます。

リーダーシップと統率力は別物

 よく、リーダーシップと統率力は同じものだとされていますが、厳密に言うと別物となります。統率力は、リーダーシップの中の1つの要素でしか有りません。リーダーシップとは、リーダーに求められる要素全てをさします。リーダーとしてのマネジメント能力など、様々な能力が必要となるでしょう。リーダーシップの中でも、統率力はかなりのウェイトを占めるため、リーダーには必須の力だと言えるでしょう。

統率力をつけるためにできること

 統率力を身につけるためには、実際に場を仕切る経験が重要になります。飲み会の幹事や、会議の司会など細かなことでも良いので、場を仕切る経験を増やすことで統率力は磨かれます。また、自分が率先して行動を起こし、周りを引っ張っていくことでも統率力は身につくでしょう。


 ここでは、統率力の意味を紹介しました。統率力の意味とは、リーダーシップとは違い、人を統制し、率いて困難や過大に立ち向かうということです。人の上に立つ立場の方は参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する