1. 飲み過ぎた次の日の頭痛、ベストな治し方は水分を取ること

飲み過ぎた次の日の頭痛、ベストな治し方は水分を取ること

by jinterwas

 会社の忘年会、同僚の結婚式、新人の歓迎会など、お酒を飲む機会が多い人が悩まされるのが翌日の体調不良です。翌朝、二日酔いで頭痛が襲ってくるなんて経験は多くの人がしているのではないでしょうか。万全の体調で翌日の予定に臨むためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。ここでは、飲み過ぎによる頭痛の治し方を紹介します。

水分をたくさん取ることは必要不可欠

 頭痛を治すためには、体内のアルコールを早めに排出することが大切です。水分をたくさん取り、アルコールを体内から抜くように心掛けましょう。飲み過ぎの場合、脱水による頭痛の場合もあります。早めに水分補給をすることが重要です。また、飲酒中はタブーとされるスポーツドリンクですが、飲酒後に飲むことで、早めにアルコールが抜けるため、頭痛も緩和されます。水分を多く摂ることを意識してみましょう。

汗をかくことでアルコールを抜く 

汗をかくことでアルコールを抜くという対処法もよく取られますよね。しかし、これには注意が必要です。体内にアルコールが残っている以外にも頭痛の原因はあります。脱水症状などの場合、逆効果になってしまう場合もあるため、水分補給は多めに行うことが必要になるということを覚えておきましょう。

コーヒーが頭痛に効く

 飲み過ぎによる頭痛に効くと言われるのが、コーヒーです。コーヒーに含まれる成分が、毒素の分解を早め、結果として早く頭痛を解消することに繋がります。牛乳に含まれる成分も同等の働きをすると言われています。水分を摂取する際は、この2つを候補に入れてみてもいいかもしれませんね。



 飲み過ぎによる頭痛は辛いものです。原因を特定し、早めに対策を講じることが飲み過ぎによる二日酔いの治し方としてはベストです。飲み過ぎた場合、翌日は、水分を取り、様々な対策を講じるように心掛けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する