1. フリーランスのビジネスマン、仕事がないときは何をすればいいの?

フリーランスのビジネスマン、仕事がないときは何をすればいいの?

by Misha Sokolnikov

 フリーランスになるということは、自分の働き方を変えることになります。当然、自分の仕事に関してもマネジメントは自分で行なわなければなりません。それでは、仕事がないとき、フリーランスであればどのようなことをすれば良いのでしょうか? ここでは、フリーランスとして仕事がないときにすべきことを紹介します。

自分の得意分野を見極める

 仕事をもらう為には自分で仕事を見つけなければなりませんが、自分の得意分野や他のフリーランスには出来ないことがなければ、継続して仕事が得られるとは限りません。フリーランスで重要なのは実力です。実力を正しく見極めるためには、実績や作品が必要でしょう。サンプルや実績を示すものが無ければ、相手も契約をしていいか迷ってしまいます。

 まずは、自分の得意分野での実績を作りましょう。そのためには、スキルを磨き、自分の得意な分野に関して自信を持つことが重要です。そして、自分の専門分野にこだわらず、多くの仕事を引き受ける事によって、自分の得意分野を見極める必要があるでしょう。作品などが必要な場合は、時にはコンペ式のクラウドファンディングサービスを利用することも考えてみましょう。

幅広く仕事を探す

 仕事がない原因は、フリーランスだからといって自分の仕事にこだわりを強く持ちすぎているからかもしれません。自分の専門外の仕事や、自分の領域外の仕事であっても、オファーをもらう場合はその能力が自分にはあるということを相手が認めているときになります。幅広く仕事を探してみると、仕事がない状況は回避することができるでしょう。

 また、人脈などを使い、仕事を紹介してもらえる経路をなるべく増やしておくことも重要です。外向的に様々な場所に出かけ、仕事のチャンスをなるべく増やすようにしましょう。


 いかかがでしたか?フリーランスに転身すると、仕事がない為に生活に困るというリスクを背負うことになります。細かな実績を積み、自分の能力を示すことができれば自然と仕事の数は増えていきます。仕事がないときこそ、自分のスキルを伸ばし、仕事を一旦見つめなおす時間を取るべきなのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する