1. インスタグラム、利用者が3億人突破 FBによる買収からわずか二年でツイッターを上回る

インスタグラム、利用者が3億人突破 FBによる買収からわずか二年でツイッターを上回る

  • 4239views
  • 0fav



 写真共有型SNSなどを運営しているインスタグラムは利用者数が3億人を突破したと発表した。2億8千万人あまりのツイッターの利用者数を超えたことになる。

インスタグラム、人気の理由は?

 インスタグラムの発表によると、昨年2月の時点でのユーザー数は1億人。わずか2年足らずで3倍の規模に拡大したことになる。

 インスタグラムの特徴は若年層からの支持が多いことだ。タレントやモデルなどをユーザーとして取り込むことによって、ファッショントレンドに敏感な層からの支持を得ることに成功している。

 インスタグラムはアプリ上で画像の加工が可能であり、またその操作がシンプルで手軽であることも人気の理由だ。セルフィーと呼ばれる自撮り文化の流行などが、インスタグラムの躍進の一因であると考えられる。

二年前にインスタグラムを買収したフェイスブックとの関連は?

 現在、インスタグラムはフェイスブック傘下の企業だ。フェイスブックがインスタグラムを買収したのが2012年のこと。当時のインスタグラムのユーザー数は五千万人と言われており、社員数わずか13人、売上高ゼロの同社をフェイスブックが七億ドルで買収したというニュースは大きな話題となった。

 現在、三億人を超えるユーザー数を誇るインスタグラムでの広告効果は絶大とされており、フェイスブックの買収はそれに先駆けた好判断だった言える。現にファッションブランドや化粧品会社などの、ビジュアル的なマーケティング手法としてインスタグラムは活用されており、マーケティング調査会社L2の調査では高級ブランドの93%がインスタグラムを利用しているとされている。


 ツイッターのテキストのシェアに対して、ハードルが高いと思われてきたインスタグラムの画像のシェアだが、デバイスの変化とそれに伴う文化の浸透にマッチした結果のユーザー数の逆転と見ることができる。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する