1. 仕事のやりがいって何? 3通りのやりがいを考えてみた

仕事のやりがいって何? 3通りのやりがいを考えてみた

by sidibousaid60

 あなたはなぜ仕事をしていますか? 具体的にこれだと答えられる人は多くはないと思います。なぜ仕事をしているのか、つまり仕事のやりがいを持つことは非常に重要なことです。なぜなら、自分ならではの仕事のやりがいを持って仕事をすることで、やる気や目標に繋がっていくからです。ここでは、仕事のやりがいについて紹介します。

1. 仕事をすることで得られる給料がやりがい

 仕事をすることで、給料を得ることができます。この給料を仕事へのやりがいとしている人は少なからずいると思います。自分の趣味に使うことができる資金を稼ぐためであったり、独立など、もっと大きな夢へ向け今の仕事を続けているという人は給料をやりがいにしていると言って良いでしょう。

2. 自分の成長がやりがい

 ビジネスマンは仕事を通して、日々様々なスキルを磨いています。新しい仕事をするとき、仕事で新たな技術やスキルが身についたとき、喜びを感じ、それをやりがいとしている人もいるでしょう。自分の成長とともに、周りから認められる機会も増え、それも同時にやりがいとなるのではないでしょうか。

3. 仕事をした結果得られる成果がやりがい

 仕事をすることで、何らかの成果を得ることがあります。例えば、プロジェクトの成功や商談の成立などは大きな成果と言っていいでしょう。そのような仕事での成果をやりがいとしているパターンもあります。また、このような見える成果だけでなく、仲間との信頼などを成果として得る場合もあるでしょう。



 ここでは、仕事のやりがいを3種類に分けて紹介しました。やりがいが見つからないという場合、どのようなことをやりがいとするのかを知ることが重要になる場合もあるでしょう。やりがいを見つけるときの参考になれば幸いです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する