1. 部下を1人のビジネスマンとして扱う。上司が学ぶべき、正しい部下の育成方法

部下を1人のビジネスマンとして扱う。上司が学ぶべき、正しい部下の育成方法

by MyBiggestFan

 部下の育成方法というのは上司の頭を悩ませる原因となっている要因の1つです。部下をしっかりと育てないと、自分の余裕がなくなっていき、最終的には自分の首を絞める原因になってしまう場合もあるでしょう。しっかりと部下を育成し、仕事を任せることができる部下を持ちたいものですね。ここでは、部下の育成方法について紹介します。

部下に責任を委ね、仕事を任せる

 部下の育成方法で一番やってはいけないのは、すべてつきっきりで教え続けることです。これでは、部下の主体性は育ちませんし、いつまでも仕事を覚えようとはしないでしょう。多少のミスには目を瞑り、仕事を委ねることが必要です。ある程度教えてできるようになったところで、部下に仕事を委ねてみてはいかがでしょうか。

部下の尊厳を重んじる

 部下を指導するとき、どうしても、教える側と教わる側に分けて考え、教える側に優位性があると考える場合が多いです。しかし、それでは部下は信頼してくれません。部下も1人のビジネスマンとして仕事を学ぶのです。しっかりと部下の気持ちも考え、ひとりよがりな指導にならないことが重要になるでしょう。

手本になることを意識して自分の行動も変える

 部下を指導することは、最終的には自分のためになります。それは、先述の通り、仕事を分担できるという意味もありますが、それ以上に、自分の行動を見返すことができるという利点を含んでいるのです。部下のお手本となることを意識し、自分の行動も見直すことで、自分のスキルアップにも繋げましょう。



 ここでは、部下の育成方法を紹介しました。部下を指導するときは、部下を下だと決めつけず、対等な立場で仕事を進めていくことが重要になります。自分の意識を変え、そして部下に接するときの意識も変えてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する