1. 会議をコントロールするのが議長の役目! 議長が目指すべき良い会議の進め方とは

会議をコントロールするのが議長の役目! 議長が目指すべき良い会議の進め方とは

by Tatiana12

 チームで仕事を進める上では欠かせない会議の場。会議をできるだけ早く、そして活発に意見の交換をするためにも、会議のコントロールをすることが必要になります。会議を上手くコントロールするのが議長の役目です。しっかりと役割を把握し実行に移しましょう。ここでは、会議の議長の役割を紹介し、会議の進め方を紹介します。

事前にいくつかの事項を確認しておく

 議長は、事前に担当者から資料を提出してもらい、内容を把握しておくべきです。そして、わからないことは、確認しておくことも肝要です。その会議の主題や、先に発言をする人が決まっている場合は、しっかりと確認し、会議の進行が滞らないようにしましょう。

主題からブレないようにコントロール

 会議の進め方と言っても、基本的にプログラム通りに進行することが議長に求められることです。時間の管理や発言の要点をまとめることが大きな議長の役割と言えるでしょう。会議中、議長に必要なのは「聞く力」。しっかりと発表や意見の主題を掴むためにも話を聞きましょう。そして、主題から会議が外れそうになった場合は確認をしっかりと取ること、そして承認が全員と取れることを確認してから意見を交換しましょう。

基本的に議長は意見を発言できない

 議長は、会議の主張の中立を保つ必要があります。そのため、意見を発言することはありません。加えて、考え方が偏らないことも重要になります。自分の意見と合っているからと言って多く発言する機会を与えるようなことをしてはいけません。中立の立場で議長は会議を取り仕切るように心掛けましょう。


 良い会議の進め方とは、多くの人の意見が集まり、最終的に全ての人の合意が取れて1つの方向に向かって全員が結束できるようなものを指します。議長はその中でも重要な役割を果たすことを意識して、会議を取り仕切るべきです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する