1. まずは独学で勘所を掴んでみよう。1人で始める英語の勉強法

まずは独学で勘所を掴んでみよう。1人で始める英語の勉強法

by Hayato.D

 ビジネスマンのスキルアップの手段として、最もポピュラーなのが英語です。英語を勉強することで、視野が広がり、様々な仕事で通用するスキルを身につけることができるでしょう。しかし、なかなか身につける時間や、手間は大きいもの。独学である程度のスキルを身につけることができれば……と考えている人も多いのではないでしょうか。ここでは、独学で英語を学ぶ際の勉強法を紹介します。

こまぎれ時間を活用する

 英語をマスターするには、集中的に取り組まないと無理だと思っている方は多いでしょう。もちろん、集中的に学ぶ時間が取れるにこしたことはありませんが、多忙なビジネスマンにはなかなか難しいことです。でも、ちょっとしたこまぎれ時間を有効に活かすことで、勉強の時間は作ることができます。英語学習では、集中した時間を取ることも大事ですが、毎日少しでも継続することが大切です。単語でも例文でも、覚えたものを忘れずに定着させるには、繰り返しが必要なのです。

 そのためには、細切れに出来た時間を活用することが重要です。独学でも、単語や文法などの勉強は繰り返し行うことができます。まずは、インプットできることを中心に勉強を進めていきましょう。

リスニングできる耳を作る

 ビジネス英語では必要なのは、コミュニケーションできるスキルです。そのため、まう英語を耳で聞き、しっかりと理解できることが重要になるのです。リスニングができる耳を作るためには、日頃から英語と慣れ親しむ環境を作り、なるべく耳に英語が触れる時間を増やすことが必要でしょう。リスニング問題や、日常会話の例文など、多くの英語の音声に触れていきましょう。

ビジネスで使う英語に尻込みしない

 独学で英語を学ぶ場合、どうしても自身がつきにくいものです。特にビジネスで使う英語は日常会話より難しいのではないかと思う人もいるでしょう。ですが、むしろ仕事で使う英語のほうが、決まったパターンも多く、シンプルな表現が好まれることもあるのです。尻込みせずに、英語を学べばどんどん理解できることは増えます。そのためにも独学で様々なことを学ぶ必要があるのです。


 ビジネスマンは、「英語を学ぶこと」が、キャリアアップに確実に結びつき、それは大きなモチベーションになるはずです。まずは独学で知識を磨き、コミュニケーションなどの、対人の英語スキルを磨いていくといいのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する