1. 自信がない、失敗してしまうかも……。 仕事中の不安感はデメリットだらけ

自信がない、失敗してしまうかも……。 仕事中の不安感はデメリットだらけ

by Schwar

 仕事をしていく中で、自分の心のなかに不安感やわだかまりを持ち続けながら業務をした経験がある人は少なくないはずです。仕事に対する不安感があると、どうしても仕事はうまくいかないでしょう。ここでは、仕事に対する不安感があることによるデメリットを紹介します。

仕事に積極的になれず、成長できない

 不安感を持ちながら仕事に取り組むと、どうしても消極的な状態になってしまうでしょう。「自分の仕事のやり方はこれでいいのかな」という不安感の中での仕事は、成長のスピードを著しく落としてしまいます。自分に自身を持って仕事を行うためにも、不安感はなるべく無くしたいものです。

マイナス思考がミスに繋がる危険性も

 マイナス思考で仕事に取り組むとたいていうまくいきません。「どうせダメだろう」という気持ちが成功するチャンスすら見逃してしまう原因になるのです。自信を持って「きっとうまくいく」という意識で取り組めば、高い成果を得ることができます。ミスしてしまった時のことを考えて不安感を余計に高めるよりも、きっとできると楽観視していた方が仕事の成果にも繋がるのではないでしょうか。

心身ともにストレスが溜まってしまう

 毎日会社へ行くとき、「今日も仕事か。不安だな」と感じていると、心身ともにストレスが溜まるばかりです。不安感がストレスを生み、ストレスによって仕事の効率が下がり、それがさらに大きな不安を生み出すという、負のスパイラルに陥るケースが少なくありません。ストレスを溜め込まないためにも、不安感は早めに解決したほうがいいということがわかります。



 ここでは、仕事での不安感に対するデメリットを紹介しましたが、不安感を解決するためには、人それぞれの方法があるでしょう。自分にあった方法で不安感を解決し、はっきりとした見通しを持つことで仕事も自身を持ってこなせるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する