1. その服ホントに着回せる? 毎日のコーディネートに絶対役立つ3つの「アイテム買い足しルール」

その服ホントに着回せる? 毎日のコーディネートに絶対役立つ3つの「アイテム買い足しルール」


 働く女性がお金をかけるものの上位に、あたりまえのようにランクインするファッションアイテム。月毎、またはシーズン毎にお気に入りのお店をチェックし、ファッションアイテムを買い足す方も多いでしょう。

 だけどその買い足したアイテムって、本当に使えていますか? 「買い足しても買い足しても足りない……。」そんなことにならないために、覚えておいて便利な買い足しルールをご紹介。

①初めにベーシック服から考える

 アイテムの買い足しをするときは、ベーシックな服を軸にして、そのアイテムにどんな服が合うか考えます。ベーシックな服を持っていないと感じたら、まずはそのアイテムの購入から。

 とはいえ、どんな服が自分の「ベーシック」なのかは、判断が難しいですよね。そんなときは、その服を使ったコーディネートが5つ以上浮かぶかどうかを考えましょう。活用するイメージが浮かばないならば、ベースにできる服ではない可能性が。

 買い足すアイテムは、クローゼットにあるベーシックな服と組み合わせることができるかどうかが選択の鍵。

こんな「ベーシック服」、持っていますか?

出典:www.muji.net

 やはりデニムは1番着回しが効くアイテム。色は濃いめがより使いやすく、ダメージ加工の無いストレートタイプが無難です。

出典:www.benetton.jp

 シャツはそのまま前のボタンを閉めて着たり、羽織ったり、ニットの中に着たりと、使い道が多い優秀アイテム。白シャツの他に淡いブルーのシャツも使えます。
出典:zozo.jp

 暗めカラーのジャケットは、クールにも女っぽくも着こなすことができて便利。ビジネスシーンでの着回しも期待できるアイテムなので、私服勤務の方にぜひ持っておいてほしいアイテム。

②流行は「色」か「柄」で取り入れる

 ベーシックな服を揃えたら、買い足したくなるのはその季節の流行のアイテム。確かに、流行のアイテムをひとつプラスするだけでコーデが一気に旬になりますが、そのアイテムが着回しの効くものではないときもありますよね。

 例えば、2014年秋に流行したロング丈のチェックシャツ。インナーを変えることはできても、シャツ自体の着回しは難しかったのでは?

 流行のものを買い足すときには、「色」か「柄」で取り入れるのがベスト。丈や形に特徴のあるアイテムは、着回しが効かない上に、流行が過ぎたらなんとなく着づらいなんてことも。

③変化がつくような小物を買い足す

出典:www.sumacafe.jp

 ベーシックな服を中心にしながら、流行は色や柄で足す。それでもコーデに変化が無くなってきたら、次は小物を買い足す番。トップスやボトムスは同じでも、小物を変えるだけで全く違ったコーデに見えますよ。


 買い足しルールに気をつけるだけで、あなたのクローゼットが見違えるかも。服にばかりお金をかけているわけにもいかないので、賢くお洒落したいものですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する