1. 飲み過ぎた次の日、体をリセットするためにしたい3つのこと

飲み過ぎた次の日、体をリセットするためにしたい3つのこと

by udithawix

 飲み会があるとついつい飲み過ぎてしまいがちになる人は多いのではないでしょうか。飲み過ぎてしまうと、二日酔いで翌日の仕事などに影響が出てしまうことも…。飲み過ぎた次の日は、しっかりと対策をして体調を万全に整えましょう。ここでは、飲み過ぎた次の日の対処法を紹介します。

いつもより早く起きる

 多くの人が勘違いしやすいのが、「長時間眠れば、酒は抜ける」ということです。「眠ったからアルコールは抜けているだろう」と考えるのは、まったくの誤解。実は眠っているときの方が、アルコールは分解されにくくなります。眠っている間は、内臓の働きが低下します。早起きして、肝臓をしっかりと目覚めさせてあげると、アルコールの分解も促進され、二日酔いなどの症状が軽減されるでしょう。

野菜を多めに取る

 飲み過ぎた次の日は、ムダな水分や栄養が体に蓄積されています。野菜を食べることで、食物繊維を取り、老廃物としてムダな脂肪や水分はカットすることが重要になります。これらのことは、ダイエットなどの意味合いもありますが、体に老廃物が溜まってしまうと疲労が取れにくくなってしまいます。野菜を多めに摂取して、早めに栄養過多の状態から回復しましょう。

軽い運動をする

 二日酔いの時に汗をかくと一般的には良くないとされていますが、代謝を高めなければ症状を早く改善することは難しいです。汗をかいたら、いつも以上に水分を多く取り、軽い運動をすることで、二日酔いの状態を抜け出すようにしましょう。



 飲み過ぎた次の日、なるべく体調を元通りにしようと考えるのであれば、上記のような方法をとるべきです。でも、それより大切なのは、飲み過ぎないことなのかもしれませんね。節度を持ってお酒を楽しむように心掛けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する