1. 明確に伝えることで成功に近づこう! 転職者が面接でキャリアプランを聞かれた時の答え方

明確に伝えることで成功に近づこう! 転職者が面接でキャリアプランを聞かれた時の答え方

by alvazer

 転職の面接では、キャリアプランについて問われる場合があります。どのようなキャリアプランを考えているのかによって、その人の働き方や、仕事への取り組み方が変わってくるからではないでしょうか。それでは、面接のとき、キャリアプランについて聞かれたときはどのような答え方がいいのでしょうか。ここでは、転職者がキャリアプランについて聞かれたときの答え方を紹介します。

まだキャリアプランが決まっていない場合

 キャリアプランが明確になっていない場合、どうしても大きなことを明確な目標もなく言ってしまいがちになります。曖昧なキャリアプランではなかなか面接での評価を勝ち取ることはできません。まだキャリアプランが決まっていない場合、まずは自分の足元から見て、どのような行く先が想像できるのかがカギになります。今、自分がしている仕事はこの先どうなっていくのか想像し、それをキャリアプランとして自分で納得できるものにすることが重要なのです。

ある程度のキャリアを経験している場合

 中堅からベテランの社員の場合、もうキャリアプランとしてある程度確立されたものがある人が多いでしょう。その場合は、自分のキャリアプランをしっかりと相手に伝えることで、どのような働き方を希望しているのかを相手に表明することができます。転職を成功させるためにも、キャリアプランを相手に伝えることは重要になります。しっかりと自分の言葉で、キャリアプランを伝えるようにしましょう。

転職によってキャリアプランを変更しようと考えている場合

 転職によってキャリアプランに変更をかけようと思っている場合、大切なのは、そのキャリアプランの変更が自分の意志で行なわれたものであるということです。キャリアプランの変更は、それまで積み重ねてきたものを一旦バラバラにすることでもあり、覚悟がなければ失敗してしまうこともあるでしょう。この場合、変更への決意や、キャリアプランを変更したい理由をしっかりと話すことが重要になります。



 新卒者とちがい、転職者にとって「キャリアプラン」に関する質問は、もっとも有効な自己PRのシーンと置き換えることもできます。答え方をきちんと考え、相手にキャリアプランをはっきりと伝えられるようにしておくと、転職の成功も近づきますよ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する