1. ビジネスマンの大敵「疲れ目」。しっかりとケアをすることで対策を!

ビジネスマンの大敵「疲れ目」。しっかりとケアをすることで対策を!

by helgabj

 パソコンやスマートフォンを見る機会の多いビジネスマンの方は、目にトラブルを抱える可能性もかなり高いと言えるでしょう。特に疲れ目に関しては、しっかりとケアをしないと、慢性的な肩こりや頭痛の原因になってしまうことも。しっかりとケアをして、疲れ目を回復させることが重要です。ここでは、疲れ目となってしまった場合のケアの仕方を紹介します。

遠くの物を眺める

 デスクワークなど、一点を見つめる作業が続くと、目の筋肉は凝り固まってしまいます。なるべく筋肉に同じ緊張状態が続かないことが重要になるのです。そのため、禁止状態になってしまった目の筋肉を元通りにするため、なるべく遠くの物を見るように意識することが重要になるでしょう。

目の血行を改善する

 疲れ目の原因は、血液が目に集中してしまうことでもあります。目の血行を良くすることで、疲れ目は大幅に改善するでしょう。目が炎症を起こしていたり、充血している場合は、目を冷やして充血を押さえ、また、そうでない場合は蒸しタオルなどで血行を良くするといいでしょう。

首をマッサージする

 首と目は繋がっており、首の疲れは直接疲れ目の原因となります。目をマッサージすることはもちろんのこと、首もマッサージすることで、疲れ目を改善することに繋がります。首をもみほぐしたり、筋肉を伸ばして首の疲労を改善してあげると疲れ目も改善します。



 ここでは、疲れ目になってしまった時の対処法を紹介しました。疲れ目になってしまうのは、長時間パソコンと向き合うビジネスマンならば仕方ないことかもしれませんが、しっかりとケアをすることで視力の低下や慢性的な肩こり等に発展しないように予防をすることが重要ですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する