1. 相手に会話しやすいと思わせることが重要。ビジネスシーンでの会話、3つの心得

相手に会話しやすいと思わせることが重要。ビジネスシーンでの会話、3つの心得

by Martin Cathrae

 クライアントと取引をしながら仕事をする際には相手との会話に十分気を配らなければなりません。ちょっとした会話次第で、ビジネスの成功率は大きく変わってくるのです。それでは、ビジネスにふさわしい会話の仕方とは、どのようなものでしょうか? ここでは、クライアントを大切にしいいパートナーとしてビジネスを確立していくために必要な会話の心得をご紹介します。

話を聞く体制を崩さない

 クライアントとの会話をする中で、途中で思ったことを言いたくなる場合もあると思います。しかし、大切なのはクライアントが伝えたいことや話したいことを先に聞くことです。話を遮るのはタブーです。自分の意見を言うことは大切ですが、最初に相手の要望を全て飲み込み、理解することが重要なのです。話をしっかりと聞くことがビジネスでは必要不可欠です。まずは話をしっかりと聞くことを意識しましょう。

会話中のアイコンタクトは欠かさない

 会話の中で、つい目をそらしてしまう人がいます。しかし、会話の相手はあなたの目を見て、あなたの心理を読み取ろうとしています。アイコンタクトをしっかりと取り、コミュニケーションを取る気構えがあるということ、そして理解して欲しいと思っていることを相手に伝えることが重要なのです。

表情は明るく、口角を上げておく

 会話の時の表情にはとても重要な印象を与えるものです。いつも口角が上がっていて、表情が明るく前向きな人を想像してください。そのような人には自分の話を受け入れて聞いてもらえそうなイメージがありませんか? 話を受け入れる気構えがある人の表情は明るいのです。相手にとって、常に頼りになる存在であると認識してもらうためにも、口角を上げ、表情は明るい方がいいでしょう。



 ここでは、ビジネスでの会話を上手く行うための心得を紹介しました。相手とコミュニケーションをしっかりと取るという気構えを見せることが重要です。会話の内容だけでなく、こうした外見の印象から取り組んでみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する